ワッキーが選ぶJ歴代最強チーム「記録にも記憶にも残るチーム!なにより興奮するのは…」

ワッキーが選ぶJ歴代最強チーム「記録にも記憶にも残るチーム!なにより興奮するのは…」

2020.6.6 ・ Jリーグ

シェアする

 5月28日発売のサッカーダイジェストでは、「Jリーグ歴代最強チーム」と題し、現役選手や元日本代表など総勢50名に“歴代で最強だと思うチームトップ3”を選んでもらっている。ここでは、芸能界随一のサッカーフリークであるワッキーの“トップ3”を紹介しよう。


――◆――◆――


「ワッキーが選ぶ“最強チームトップ3”」

1位:2002年のジュビロ磐田

2位:1993年のヴェルディ川崎

3位:2010年の名古屋グランパス

  超豪華メンバーと、彼らの能力を最大限に活かしたシステムを採用し、Jリーグ史上初の2ステージ完全制覇――02年の磐田は記録にも記憶にも残るチームでした。“歴代最強”と聞いて、多くの人がこのチームを挙げるんじゃないですかね。


 第2ステージでレギュラー全員が日本人だったというのは大きな評価ポイント。なにより僕ら72年生まれが誇る天才MF名波浩が中盤の中央で攻撃のタクトを振るっていた。それだけで大興奮です。


「N-BOX」という画期的なシステムを使っていた01年も相当強かったんですけど、やっぱりこの年は名波が膝の故障で離脱してしまったのが残念でした。それでチャンピオンシップで鹿島に敗れてしまって。


 それから名波が帰ってきた02年に、本領を発揮してリーグ優勝を果たす。すごくドラマチックじゃないですか。そういう意味でも思い出深いです。


 名波以外にも実力者がゴロゴロいて、しかも彼らは泥臭い仕事も厭わない。それぞれの仕事のスペシャリストが揃っていました。特にパズルがガッチリとハマったような中盤は素晴らしかった。もうなんか阿吽の呼吸という感じで。


 福西(崇史)がハードタックルをかます姿は強烈で、まさに“ドゥンガの化身”という印象でしたし、市立船橋高出身で僕の後輩である西(紀寛)がDFを切り裂くようなドリブルで攻撃にアクセントを加えていた。


 そして前線にはオールマイティな高原(直泰)と常に全力プレーでやたらと点を取るゴンさん(中山雅史)がいて、DFには代表組が揃う。どのポジションも見応えがありました。

  93年のV川崎は“Jリーグのシンボル”で、とにかく華やか。JSL(日本サッカーリーグ)の読売クラブ時代から、めちゃくちゃ上手い有名選手が揃っていて異質な存在でしたけど、それがさらにグレードアップしたような感じでした。


 当時はカズ(三浦知良)を筆頭にテレビCMにも引っ張りだこで、真のスター集団と言えましたよね。一見チャラいのに、ピッチに立てば華麗で強い。ペレイラ、ロッサムの守備陣は強かったし、北澤(豪)さんはやたら走りまくるし、ラモス(瑠偉)さんは鮮やかなボールタッチで攻撃を操っていくし。役者が周囲の期待に応え優勝を果たす様子は、観ていて爽快でした。


 過去10シーズンのJ1王者でも10年の名古屋は別格。MVPに輝いた守護神の楢﨑(正剛)に加え、増川(隆洋)と(田中マルクス)闘莉王の歴代でも指折りのCBコンビ、両サイドの田中隼磨と阿部翔平と、この鉄板の最終ラインが肝だったと思います。彼らがピカイチの安定感をもたらしていましたから。


 それに小川佳純、中村直志、阿部は、僕と同じ市船出身で、他には習志野高の玉田(圭司)、渋谷幕張高の闘莉王と、千葉の高体連出身が計5人。まるで「千葉のオールスター」のようで、個人的にどうしても特別な想いを抱いてしまいます。特に玉田のキレキレのテクニックには痺れましたね。


――◆――◆――


取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)


※『サッカーダイジェスト』2020年6月11・25合併号より一部加筆・転載。



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事