清水の鄭大世に「なんでJリーグにいるのかな」と言わしめたハイレベルな2選手は?

清水の鄭大世に「なんでJリーグにいるのかな」と言わしめたハイレベルな2選手は?

2020.6.6 ・ Jリーグ

シェアする

 今季で清水在籍6年目を迎えた鄭大世は、プロキャリアをスタートさせた川崎に加え、ドイツや韓国でプレー。J通算200試合以上に出場している経験豊富なストライカーだ。


 そんな鄭大世が「なんでJリーグにいるのかな」と思ったレベルの高い選手が、これまでにふたりいたという。


 まずひとり目が2006年から5シーズン、川崎でチームメイトだったジュニーニョだ。ジュニーニョについて「チャンスメイクもフィニッシュもなんでもできる。僕がゴールを奪えていたのは彼のおかげ」と称賛。また「大事なところ、得点が欲しいところでゴールを決める」勝負強さにも驚いたという。

  ちなみに特に印象的に残っているシーズンがあるようで、それが川崎でジュニーニョ、レナチーニョと3トップを組んだ08年だ。リーグ2位と優勝には届かず。ただ「プレーしていて楽しかったし、(3トップは)相手からしたら脅威だったはず。僕も自信を付けてノッていた」と当時を振り返る。


 そして「もうひとりいるんですけど」と挙げたのが、昨季まで一緒にプレーしていたドウグラスだ。強さ、速さ、上手さを備えるドウグラスとは約1年半、清水で時間をともにした。同じCFタイプでポジションを争ったライバルの能力の高さは、衝撃だったようだ。


 今後、鄭大世に「なんでJリーグにいるのかな」と言わしめる選手は出てくるだろうか。再開後のJリーグで、新たなスターの誕生に期待したい。


取材・文●古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事