「ミニョレは実績や経験がオーラに出ていた」日本代表GKシュミット・ダニエルがベルギー2年目の“奮闘”を語る【インタビュー/前編】

「ミニョレは実績や経験がオーラに出ていた」日本代表GKシュミット・ダニエルがベルギー2年目の“奮闘”を語る【インタビュー/前編】

2021.4.17 ・ 日本代表

シェアする

 ベルギー・リーグのレギュラーシーズンが佳境を迎えるなか、サッカーダイジェストWebは、シント=トロイデンの日本代表GKシュミット・ダニエルに独占インタビューを実施した。その前編では、チームも本人も苦しかった2年目のシーズンを振り返ってもらった。


―――◆―――◆―――


――ベルギーの新型コロナウイルスの状況は?


「少し感染者が増えてきて、3月下旬から3回目のロックダウン(1か月)になりました。ただ、ワクチン接種が始まっているので、良い方に向かっていると思います。ロックダウンといっても、1年前の1回目のロックダウンと違って厳しい外出制限はなく、必要最低限のお店は空いてる状態なので、街に行っても人はいる感じです」


――4月7日のワースランド=ベベレンで残留が決定しました(インタビューは8日に実施)。ホッとしている?


「そうですね、だいぶホッとしています。残り2試合の相手が強豪の2チーム(ヘンクとアンデルレヒト)だったので、その前に残留を決められて、チーム関係者全員がホッとしていると思います」


――残留争いのプレッシャーは大きかった?


「かなり大きかったですね。キーパーだとミスで負けた試合もあるので、自分が取りこぼした勝点が残留争いに影響してしまうというのは、一番避けたい状況だった。そういう意味で、残留を決められたのは、かなりホッとしました。残留争いをしないことが一番ですけどね」

 ――シーズン序盤に出場できなかったのは怪我の影響? 


「それもありますね。去年の怪我が長引いていて、キャンプも途中から合流して、練習試合もこなしていたわけじゃなかったので、最初は出られないかなと。その中でも自分がやれる事を準備していたので、自分が出た最初の試合でちゃんと結果を残せたかなと思っています」


――10節のスタンダール戦ですね。スタメン起用されたきっかけは?


「代表ウィークの直後の試合でした。今シーズン最初の試合が日本代表のコートジボワール戦だったんですけど、1-0で勝って、自分の中で良いイメージは持てたし、試合勘の欠如も感じなかった。チームもその前の節にベールスホットに3-6と大量失点で負けていたので、チャンスが回ってくるとしたら今かなと。そのなかで回ってきたチャンスだったので絶対モノにしたいと思っていました」


――その試合で完封し、チームは開幕戦以来の勝利。それからずっとスタメンと、ターニングポイントになりました。


「間違いないです。今シーズンの中でも、良いプレーができた試合だと思っているので、すごく自信を持てるきっかけになりました。強豪相手に完封で勝てたというのは、チームにとっても自信を持てる試合になっただろうし、大きいターニングポイントだったと思います」

 ――12月のケビン・マスカット監督からピーター・マース監督への交代はチームを変えるきっかけになった?


「結果的になりましたね。マース監督は、人間的な中身も含めて、マスカット監督とは全く違うキャラクターなんです。チームにすごく危機感を与えるというか、緊迫した状況を作るので、みんながより集中してトレーニングに臨むようになった」


――キーパーとして求められるものも変わった?


「マスカット監督はハイラインを敷くので、最終ラインの裏のケアを重要視していて、そこは求められましたけど、今の監督はそんなにハイラインは敷かないし、もちろんケアはしてほしいとは言いますけど、とにかくリスクを冒さずにプレーすることが求められています」


――今シーズンを自己採点すると何点ぐらい?


「自分のミスで負けた試合も結構あったので、60点ぐらいです。シーズン序盤は試合にも出ていなかったですし。全試合に出たかったので、やはり60点ですね」

 ――キーパーとして、日本とベルギーで一番違いを感じるのは?


「キーパーから試合を見て感じるのは、展開の速さが違うかなと。日本の場合、けっこうスローテンポでボールをコントロールしながら徐々に相手ゴールに迫っていく感じの時間帯が多い気がするんですけど、ベルギーはチャンスと見たらできるだけ早く相手ゴールに迫っていくシーンが多い。自分たちがカウンターで攻めたとしても、またカウンターを食らうみたいな。見ている人が面白いのが、ベルギーのサッカーかな」


――対応も日本の時とは変わった?


「そうですね。リスクマネージメントの意識が日本と比べてかなり薄いので、どんなに指示を出しても、味方のディフェンダーが相手を掴みきれてない場面が結構ある。そういう意味でカウンターをもろに受けやすいというのは、ありますね。カウンター合戦になる試合は多いですね」


――指示は何語で出すんですか?


「試合中は英語でやり取りしています。やっていく中で、どういう言葉が一番伝わりやすいかというのは、試合に出てみないと分からない部分だったので、少しずつ自分のモノにしていった感じですね。細かい部分の伝え方や、早く伝わるようにする単語力など、コーチングについてはまだ改善するところがたくさんあります」

 ――練習も日本とは違う?


「日本と違うというより、キーパーコーチによりますね。僕が最初来た時は、楽しみながらやるコーチでした。僕は、少ない本数で一本一本の強度を高くするメニューのほうが好きなんですが、今のコーチはジャンプの量を多くして、ダイビングするみたいなメニューが多い。同じベルギー人でもキーパーコーチのよって色は違うので、日本と比較するのは難しいですね。


 ベルギーは『キーパー像』というのが、あまり定まっていないように感じますね。ドイツのブンデスリーガの試合を見ていると、どのチームのキーパーもフォームとか似ているんですけど、ベルギーはそれぞれ色があった、ベルギーのキーパーはこうだよという理論とか形が無いのかなと」


――ベルギーのキーパーと言えば、元リバプールのシモン・ミニョレ(クラブ・ブルージュ)とは対戦していますね。


「ミニョレはデカいんですよね。身長は僕より小さいんですけど、存在感がすごくてドシっとしてるんですよ。顔もでかくて姿勢が良くて、威厳があってオーラがある。自分たちもミニョレと1対1になって止められたシーンが結構あったんですけど、何か身体に当てそうな雰囲気がすごくて、やはりそれまでの彼の実績とか経験がそういうオーラを生み出しているのは間違いない。自分をいかに大きく見せて、相手を戸惑わせるかをすごく心得てるなと感じました」


――他に気になったキーパーはいますか?


「昨シーズンまでヘントにいたトーマス・カミンスキですね。今はイングランド2部のブラックバーンにいるんですが、試合を見ていて能力の高さを感じました。ベルギーで活躍した選手がイングランドにステップアップしているのを見て、自分にもチャンスがあるかもしれないと刺激を受けました」


※後編に続く


取材・文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事