「我々が跪くしかなかったトミヤスが…」日韓戦で“神対応”の冨安健洋、ミランからの熱視線に韓国メディアも注目!

「我々が跪くしかなかったトミヤスが…」日韓戦で“神対応”の冨安健洋、ミランからの熱視線に韓国メディアも注目!

2021.4.18 ・ 日本代表

シェアする

 先月25日に行なわれた日韓戦で注目を集めたのが、ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋の“神対応”だ。


 試合中に韓国代表MFイ・ドンジュンが振り上げ手が顔面に当たり、口から流血する事態に見舞われた冨安。危険な行為に批判が集まるなか、自身のツイッターに「相手選手からの肘打ちの件ですが、試合中には起こり得ることで、彼が故意的にやった事ではないと信じています。もうすでに謝罪のメッセージも受け取っていますし、大きな問題にならない事を願っています!」と投稿。韓国のファンからも「あなたの人柄に感動しました」といった称賛の声があがっていた。


 そんな経緯もあってか、冨安の存在は隣国でも注目されているようだ。韓国のスポーツメディア『スポータルコリア』は4月17日、「堅い守備で韓国が跪くしかなかったトミヤスが、ミランの熱い関心を受けている」と報じた。


 記事は、イタリア・メディア『Calciomercato.com』の報道として、「ミランは今夏の戦力強化の一環として、トミヤスの獲得を検討しており、DFのトップターゲットにリストアップしている。夏の移籍市場が開いたら、すぐにオファーする考えだ」と掲載。「ミランは今シーズン2位につけているが、30節までに35失点とディフェンスに不安が見られるため、守備力を上げるためにトミヤスに目をつけた」と続けている。


 プレミアリーグのエバートンや、ブンデスリーガのレバークーゼンなど、イタリア国外の有力クラブからの関心が伝えられている冨安。その動向に韓国メディアも関心を寄せているようだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事