なぜ日本では優秀なGKが育ちにくいのか? 元アーセナルGKコーチが語る問題点「日本でナンバーワンの権田でさえ…」

なぜ日本では優秀なGKが育ちにくいのか? 元アーセナルGKコーチが語る問題点「日本でナンバーワンの権田でさえ…」

2021.4.19 ・ 日本代表

シェアする

 ジェリー・ペイトンは、おそらく日本の実情を知る最も輝かしいキャリアを誇るGKだ。


 イングランドで生まれ育ったペイトンは、両親の故郷であるアイルランドの代表を選択。1988年にはEURO、1990年にはワールドカップへの初出場を果たし、88年には開幕戦でイングランドを1-0で下すと、90年にはベスト8進出を遂げている。英国圏であまり目立たない存在だったアイルランドの新しい歴史を切り拓く功労者となった。


「アイルランド出身の両親がイングランドで出会い私が生まれた。私はアイルランドとイングランド、どちらの代表を選ぶことも出来たが両親への敬意を表したんだ。ジャッキー・チャールトン監督(1966年イングランド代表優勝メンバー)がやって来て、アイルランドは黄金期を迎えた。我々は9年間素晴らしい関係を継続できたんだ。アイルランドでは、ファンも選手もみんな彼のことが大好きだった。カリスマ性があり戦術的知識が豊富で、相手の意見も聞きながら、どんなことをして欲しいのか明確に伝えられる監督だった」


 イングランドリーグ(当時)で20年間近くゴールマウスに立ち続けた後は、95年に来日しジュビロ磐田で指導者としての初仕事をした。さらにヴィッセル神戸でもGKコーチを務めるとイングランドへ戻り、2003年からはアーセン・ベンゲルが在任中のアーセナルで15年間も指導をしている。ドイツ代表のイェンス・レーマン、いずれもポーランド代表のルカシュ・ファビアンスキーや現在もユベントスの守護神として君臨するボイチェフ・シュチェスニーらは、ペイトンの指導下で確固たる評価を固めていった。


 アーセナルでのキャリアにはベンゲルの退任と歩調を合わせて終止符を打ち、再び来日すると清水エスパルスで約2年間指導に携わり、現在は長男が同ジュニアユース(U-13)でGKとしてプレーしている。


 そんなペイトンの目に、日本サッカーの現状はどう映っているのか。2時間近くに及ぶロングインタビューを、3回の連載で伝えていく。

 「Jリーグが発足してから、日本サッカーは急速な進歩を遂げて来た。最近では南野拓実がリバプールへ加入したが、多くのフィールドプレーヤーがドイツ、イタリア、イングランドなど世界でトップレベルのリーグでプレーをするようになった。しかしそれだけに、もう少しGKの育成に焦点を当てていくべきだと思う。今の日本代表でGKはさらに改善できるポジションだから、そこを克服できれば世界を驚かせるチームが出来上がるはずだ」


 ただしペイトンは、日本人のGKも着実に進化はしていると語る。

「ビルドアップに加わりフィードが良くなり、パワフルで速い動きができてゲームを読めるGKが出てきている。特にJリーグでは、権田修一(清水)と前川黛也(神戸)のプレーが楽しいのでよく見ているよ。権田は先日の日本代表戦では、あまりやることがなかったけれど、基本的にゲームを読める優秀なGKだ」


 それだけにペイトンは、多くのJクラブがGKのポジションを助っ人に託す状況を残念に思う。

「もちろん全てのポジションでベストプレーヤーを使おうとするのは悪いことではない。J2への降格リスクを考えれば監督への重圧は大きいから、すぐに結果を望める助っ人選手の起用に走るのは理解できるし、それはMFやストライカーでも同様だ。しかしGKというのは、とても重要なポジションなんだ。私はアーセナルで15年間仕事をしたわけだが、優れたGKがいたことがチームの屋台骨となった。Jクラブも我慢してひとりでも優秀なGKを育てれば、それが将来大きな武器になる」


 率直にペイトンは、助っ人GKの活用が大きなアドバンテージになっているとは考えていない。

「外国籍で物凄く大きなインパクトを残したGKは見ていないし、少なくともプレミアリーグでプレーできるレベルの選手はいない」


 実際ペイトンは、清水時代にも「もっと日本人の若いGKを育てていこう」と提案し、当時19歳だった梅田透吾をトップチームで使うように推薦した。


「透吾はU-17日本代表にも選ばれた優秀なGKだった。2019年シーズンで彼は17試合でプレーしたが、特に最初の10試合くらいは非常に良いプレーをしていたんだ。でも残念ながらチームは下位に低迷したままで、それからはベテランの大久保択生が出ることになった。透吾はたくさんのセーブをしてチームを救ったはずなのに、あまりに大きな責任を感じてしまった。GKには心理的なサポートがとても大切なんだ」

  イングランドでは多くのクラブがメンタルコーチを雇っている。だがGKは独特の分野なので、心理学の専門家が対処するのは難しいという。

「GKは特別なポジションなので、心理状態も特殊だ。ひとつのビッグセーブやミス次第で、ヒーローにも悪役にもなり得る。心理学者は心理学を極めていてもGKの難しさは分からない。だからGKには、多くの経験を持つGKコーチが心理面のケアを含めて寄り添うべきだろうね」


 心理面での支援が必要なのは、世界のトップレベルでも変わらない。ペイトンは2003年にアーセナルに移籍してきたレーマンが、常にオリバー・カーンとドイツ代表のレギュラーの座を激しく競い合うのを間近で見て来た。


 カーンは2002年日韓ワールドカップでMVPを獲得するなど正GKの座を譲らなかったが、レーマンは2005-06年欧州チャンピオンズ・リーグでの決勝進出を機に奪還。2006年自国開催のワールドカップではゴールマウスに立ち続けた。

「一方当時アーセナルでレーマンの控えには、マヌエル・アルムニアがいた。しかしなかなか正GKの座を奪えず、悩んでパフォーマンスにも影響が出ていた。だから私は彼に1枚の写真を見せたんだ。それはレーマンがドイツ代表のベンチから、自分が何よりも欲しい背番号1のユニホームを着たカーンがウォームアップをする光景を凝視しているものだった。そして私はドイツ代表でレーマンが正GKの座を奪うまでの決意や精神力について話した。それからアルムニアは初心に帰って努力を続け、レーマンがチームを去るまで集中力を切らせることがなかった」


 ペイトンが日本のGKを見て感じたのは、むしろ身体的、技術的な要素より、精神面の不安定さだった。

「日本の選手たちは、トレーニングの狙いを素早く理解し一生懸命努力する。ゲームも読めるし、フィジカルも悪くない。ところが日本でナンバーワンの権田でさえ、代表戦で自信を深めてクラブに戻ったはずなのに、J1のリーグ戦ではエリア外からのシュートに冷静な対処ができなかった。自信を深めればリラックスして冷静になれるはずなのに、判断に迷いが出て代表戦前の心理状態に戻ってしまっていた」

 これは若年層からの育成過程に大きな要因があるのではないかと、ペイトンは見ている。(文中敬称略)


■プロフィール

ジェリー・ペイトン

1956年5月20日生まれ、英国バーミンガム生まれ。現役時代はバーンリーでキャリアを開始し、フルアム、ボーンマス、エバートン、ウェストハムなどで活躍。アイルランド代表としては33試合に出場し、90年ワールドカップのアイルランド8強メンバーのひとり。94年に引退後は指導者に転身し、95年~97年に磐田、97~98年に神戸、2018~19年に清水で指導にあたる。アーセン・ヴェンゲルが指揮を執ったアーセナルでは、2003~18年まで15年にわたりGKコーチを務めた。またイングランドでは、アストン・ヴィラでエミリアーノ・マルティネス(現アーセナル)を育てたのが最後の仕事だった


取材・文●加部究(スポーツライター)


※第2回に続く。次回は4月20日に公開します。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事