昨季プロ5名輩出の興國高に驚異の1年生ドリブラーが台頭! 中3時のJ1横浜練習参加で意識変化

昨季プロ5名輩出の興國高に驚異の1年生ドリブラーが台頭! 中3時のJ1横浜練習参加で意識変化

2021.5.17 ・ 日本代表

シェアする

 近年、Jリーガーを同学年から複数名の選手を輩出している大阪府の興國高。昨季も5名の選手がJの世界に飛び込み、樺山諒乃介(現・横浜F・マリノス)が今季のJ1開幕戦でルーキーながらスタメン出場を果たした。


 その興國にまたしても面白いタレントが現われた。1年生のMF宮原勇太だ。「U-16代表だけではなく、ひとつ上の代表でもいける」と、興國・内野智章監督が太鼓判を押すアタッカーの武器はドリブル。テクニックとスピードを兼ね備え、変幻自在の仕掛けでチャンスに絡んでいく。RIPACE時代から注目を集め、中学3年生の10月には内野監督の伝手で横浜の練習に参加。フィジカル面では通用しない部分もあったが、ドリブルなどで手応えを掴んだ。また、上のレベルを経験し、意識も大きく変化した。


「マリノスの練習に参加し、取り組み方がかなり変わりました。自分と同じ学年の選手と対戦する時は当たり前にできないといけない。そして、フィジカルで劣っていたので、食事の量を増やして身体のサイズアップを目指すようになりました。元々かなり食べる方だったんですけど、栄養バランスも考えるようになり、当時から今は5kgほど体重が増えました」(宮原)

  チームでは1年生ながら10番を託されている。そこまで成長できたのは、中学時代の経験が大きいと言えるだろう。


 そんな宮原が個で勝負するプレースタイルになったのは、父親の影響が大きかったという。


「父が小さい頃からドリブルを教えてくれて、そのおかげで成長できた。近くの公園に行って、マーカーを並べて、タイムを測る練習を毎日やっていたんです。そのタイムに入れないと終われないのですが、それを毎日やっていたら両足を使ったドリブルが上手くなりました」


 父とともに作り上げてきたドリブルはすでに高校年代で通用しており、世代別代表でも指折りのレベルを持つ。


5月10日から行なわれたU-16日本代表候補合宿でも存在感を発揮。12日の藤枝明誠との練習試合(45分×2本/2△2)では4-4-2の左サイドハーフで出場し、単独でサイドを何度も打開した。相手は3年生主体のレギュラー組。チームメイトは年上の相手に対して臆する素振りを見せていたが、宮原は“俺がやってやる”と言わんばかりに貪欲なプレーで攻撃を牽引する。54分には左SB早川隼平(浦和レッズユース/1年)のクロスに合わせ、一度は相手に弾かれながらもゴールに押し込んだ。


「一発で仕留めたかったけど、決められて良かった」と得点を振り返った宮原。しかし、自身の出来には満足していない。「他の選手よりも持ち味を出せたかもしれないけど、高校3年生相手に自分はもっとできないといけない。興國の10番としてプレーするなら、藤枝明誠戦では1点だけではなく、3点ぐらい取らないと通用しない。もっと練習をしないといけないと思いました」とは本人の言葉。貪欲な姿勢でさらなる成長を目指し、U-17日本代表への個人昇格を目論んでいる。実際、今合宿では森山佳郎監督に個別で質問をぶつけに行ったという。

 「どうしたら、U-17代表に入れますか?」


 全体ミーティング後にひとりになったタイミングを見計らい、宮原は指揮官を直撃。「ドリブルとかは1個上でもできると言われたので、守備の強度を高めれば見えてくる」と言葉を掛けられ、さらなるアピールを心に誓った。


 4月のU-17日本代表候補合宿では同学年のFW貴田遼河(名古屋グランパスU-18/1年)が飛び級で招集され、練習試合では大学生からゴールも奪っている。そうした身近にいるライバルの存在が宮原の成長意欲に火を付けたのは間違いない。


 そうした出来事にU-16日本代表の森山佳郎監督も頬を緩ませる。


「ペナルティエリア内で何か起こせる選手。今回の練習試合では得点を決めてくれたけど、本人も1点しか決めれなかった事実を悔しがっていて、『満足せずにもっとやりたかったという』想いを表現してくれた。貴田もそうでしたが、宮原も一つ上の代表に行くために必要なことを聞きにきてくれましたから。やっぱり貴田が一つ上に上がったのが悔しかったはず。行動を見ていると、本当にそうしたいんだろうなと感じました」


 2006年生まれの宮原は2028年に行なわれるロサンゼルス五輪に挑む世代で、大会開幕時には最上級生の23歳。当然、五輪は視野に入っており、むしろもっと早く世界に飛び出したいという想いもある。

「世界で通用するのは当たり前。それぐらいの選手にならないと上のレベルで通用しないので、世界に出ていくのは当たり前だと思って取り組んでいる」


 現状に満足せず、さらなる飛躍を目指す興國のニューカマーから目が離せない。


取材・文●松尾祐希(フリーライター)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事