羽ばたいた本田、長友、香川、吉田…指揮官・反町康治は惨敗の北京五輪をどう捉えたか?【名勝負の後日談】

羽ばたいた本田、長友、香川、吉田…指揮官・反町康治は惨敗の北京五輪をどう捉えたか?【名勝負の後日談】

2020.6.6 ・ 日本代表

シェアする

 歴史に残る名勝負、名シーンには興味深い後日談がある。舞台裏を知る関係者たちが明かしたあの日のエピソード、その後の顛末に迫る。(文●加部 究/スポーツライター)


――◆――◆――


 反町康治監督は、開始5分で安田理大にウォームアップを命じていた。


 2008年北京五輪初戦、左サイドバックでスタメン出場した長友佑都の緊張ぶりが想定を超えていた。前年頃から急成長を遂げた長友は、この年からFC東京でレギュラーに定着し、フッキ(当時川崎)と互角の攻防を繰り広げるなどの活躍を見せ、すでにフル代表でもデビューを飾っていた。だがそんな長友が、五輪では米国選手の圧力に面食らい、すっかり余裕を失っている。安田を準備させたのは、早々に1枚交代カードを切る事態を危惧したからだった。


 北京五輪に出場した日本代表チームは、必ずしも大きな期待を背負い込んでいたわけではない。その3年前にはチームの基盤となる選手たちがU-20ワールドカップを戦っているが、ラウンド16でモロッコに0-1で敗れている。チームの経験不足を埋めるためにオーバーエイジ3人の起用を予定していたが、コンディション不良で遠藤保仁、大久保嘉人の招集を断念。水面下では他にも何人かの選手と交渉したが不調に終わっていた。

 さらに追い打ちをかけたのが組み合わせ抽選である。12年前のアトランタ五輪で金メダルを獲得しているナイジェリアや、欧州屈指のタレントを揃えたオランダと同居。オランダにはU-20ワールドカップで1点差ながら圧倒された苦い経験があり、日本がグループリーグを突破するには初戦で顔を合わせる米国からの勝利が必須条件と見られていた。


 ただし日本にも有利な条件はあった。開催地が同じ東アジアで高温多湿の劣悪条件に見舞われる。「気候と時差は味方にしなければ」と、国内では比較的暑い名古屋でキャンプを行い調整をしてきた。だが初戦が行われた天津の気温は、キックオフ時で35~36度まで上昇し想定を超えた。さらに芝の根つきが悪く、試合を重ねるごとに荒れるばかりで、実際香川真司もサイドチェンジなどでミスを繰り返すことになった。

  北京五輪へ向けてのチームが始動したのは、ドイツ・ワールドカップを終えた2006年8月で、イビチャ・オシムが指揮するフル代表とほぼ同時期だった。反町は最初の中国遠征に出かける前にオシムに声をかけられている。


「毎試合、どのポジションでもいいから、おまえが一番良いと思う選手をひとり連れて来てくれ」


 この関係はオシムが倒れ、岡田武史が代表監督を引き継いでからも続いた。本田圭佑を推薦したこともあれば、長友の起用を打診したこともあり、香川真司の場合は岡田から「アイツ、いいな。ちょっと持っていくぞ」と言われた。


 それから反町は、五輪本番を迎えるまでに83人の選手たちを招集して来た。その上で2段階の強化策を描いていた。

「とにかく予選を勝ち抜くことに全神経を傾ける。そして予選を勝ち抜いたら、新しい選手たちを融合させていく。つまり予選は予選、本戦は本戦。いくら将来性があっても、いきなり予選途中の大一番で使うわけにはいかない。残念ながら五輪はしょせん即席チームなんだ」


 予選は長丁場なので、時間をかけてチームを熟成していくことが出来る。しかし予選を突破すれば、成長度合いの著しい選手との入れ替えが進み、場合によってはオーバーエイジで補強する。個々の質は高まるかもしれないが、逆にチームの完成度を追求するのは難しい。

 結局2年間で顔ぶれは大幅に変わった。最初の中国戦に招集され、北京五輪に辿り着いたのは、守護神の西川周作、フィールドプレイヤーでは、本田圭佑、梶山陽平、本田拓也、豊田陽平の5人で、下の世代からは香川、内田篤人らが突き上げ、U-20韓国代表候補の合宿に参加経験を持つ李忠成も日本国籍を取得して早い段階から加わっていた。そして反町は、こうした競争の激化を「むしろ良いこと」とポジティブに捉えていた。


 日本陣営は初戦の相手米国を分析し「オーソドックスで勢いはあるが、十分に勝てる」と読んでいた。実際試合が始まっても、オーバーエイジ3人を加えた米国の前への圧力は弱く、日本はしっかりとボールを回すことが出来ていた。

  最初のビッグチャンスが訪れたのは20分、CKを獲得した日本は、本田圭が内田に短く繋ぎ、内田がニアゾーンへ入れると、本田拓がリターンして、内田が低く速いクロスを送る。一連の流れをダイレクトで通すと、ファーサイドで森重真人がフリーになった。しかし最後の詰めで森重が合わせ損なう。


「セットプレーは5~6種類用意したけれど、あのパターンは最初で最後になった。もしかするとトラウマになったのかもしれない」

 指揮官はそう見ている。


 やはり劣悪条件下で、慎重な入り方をしたのは米国の方だった。深追いをせず早い帰陣を徹底し、ボールを奪えばサイドに展開してクロスを放り込む。確かにオーソドックスで驚きは少なかった。しかし日本も連動の成熟度が不十分なのか、個の仕掛けが目立ち、崩しのパス回しが加速していかない。内田がオープンな右サイドに何度か駆け上がるが、決定機を作れず均衡が保たれたまま前半を終了する。こうした重苦しい流れの中で、日本は後半開始早々に失点した。


 米国は右SBのマーヴェル・ウィンが長友と並走しながら折り返すと、水本裕貴が対応したボールはスチュアート・ホールデンの足もとへ飛んでしまう。ホールデンのシュートは、本田拓の股間とGK西川の脇を抜けてゴールラインへと転がった。

 日本も何度かの同点のチャンスを演出した。特に82分には、巧妙な動き出しでフリーになった本田圭の頭に香川が合わせるが、シュートが枠を外れる。終了3分前には米国のDFモーリス・エドゥが浮き球の処理を見誤り、先に落下点に入った豊田を後ろから引っ張り倒したが、主審はPKを取らずに流してしまう。日本は大事な初戦で1点差に泣いた。


 結局この敗戦が響き、日本は続く2戦も連敗して帰国の途に着く。最後のオランダ戦後のロッカールームで、失意の反町は選手たちに告げた。

「もうオレはこうして海外で試合をすることはないだろうけど、あなた方はこれからもいろんな国際経験を積み重ねていくだろう。10年後に、また会おう」

  北京五輪の時点で海外でプレーをしていたのは、本田圭と森本貴幸だけだった。だがまだ蕾だった選手たちは、ここから次々に大輪の花を咲かせていく。輝かしいキャリアを築く香川、内田、長友、岡崎慎司、吉田麻也など18人中11人が欧州でプレーし、8人が6年後のブラジル・ワールドカップに出場を果たした。反町は改めて振り返る。


「国内のクラブレベルとは比較にならないワンプレーの重みを知り、痛い想いをしたことが成長を促した可能性はある。試合に負けたという結果以上に、上には上がいることを知った悔しさの方が大きかったんじゃないかな」


 反面反町自身は、もう北京五輪のことは忘れて、サッカー界から身を引こうと思い悩んだ。3か月間ほどはサッカー関係者との連絡を絶ち「気象予報士にでもなろうか、カフェでもやろうか…」などと考えていたという。


「でもカミさんに、いつまでも家にいないでよ、と言われてね。ちょうどそんな時に、スポーツ新聞でホッフェンハイムの記事を見つけた」


 小さな街で大躍進を遂げたクラブに1か月間ほど張りつき「こんなチームなら引き受けてもいいかな」と考えていたところで、湘南からのオファーを受けた。

 後に反町は、当時JFA専務理事だった田嶋幸三から「あの時のメンバーが本当に頑張ってくれている。感謝しているよ」と言葉をかけられている。結果的に北京の3連敗は若い選手たちの大きな起爆剤となり、未来への効果的な投資となった。


 今年5月、松本山雅FCでの監督生活にピリオドを打った反町は、JFAの技術委員長に就任した。(文中敬称略)


文●加部 究(スポーツライター)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事