「誰もついてこなかった」涙の劇的ヘディング弾のGKアリソンが得点場面を回想!「僕が見た中で最高の…」

「誰もついてこなかった」涙の劇的ヘディング弾のGKアリソンが得点場面を回想!「僕が見た中で最高の…」

2021.5.17 ・ 海外サッカー

シェアする

 ラストチャンスで試合を決めたのはGKだった。


 現地時間5月16日に開催されたプレミアリーグ第36節で、リバプールはウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンと敵地で対戦。チャンピオンズ・リーグ(CL)出場権獲得には勝点3獲得が必須のなか、15分にハル・ロブソン=カヌーに先制点を奪われるも、33分にエースのモハメド・サラーのリーグトップタイの22点目で同点に追いつく。


 だが、その後は膠着状態が続き、スコアを動かせぬまま時計の針は後半アディショナルタイム5分に突入。リバプールは土壇場で獲得したCKに全てをかけ、トレント・アレクサンダー=アーノルドがクロスを送り込む。すると、これにドンピシャヘッドで合わせたのが、ゴール前に上がってきていた守護神アリソンだ。


 ジャンプ一番、絶妙なタイミングで飛び上がって頭で合わせ、鮮やかにネットを揺らしてみせた。


 試合はそのまま終了。残り2試合で、4位のチェルシーとは勝点差1まで迫り、リバプールはトップ4入りに望みを繋いだ。



 あまりの会心の一発に、試合後には思わず涙も見せたブラジル代表守護神は、英衛星放送『Sky Sports』のインタビューに応じ、得点の場面を振り返っている。

 「ベンチを見たが、誰も声をかけてくれなかった。でも(GKコーチの)ヨン・アクテルベルフが確信を持って(上がれと)指示してくれたんだ。ボールが来るのは見えていたので、良い位置で走ろうと思ったし、ディフェンダーを引き付けて仲間を助けようとしたんだけど、誰もついてこなかった。とてもラッキーだったよ。クロスもまた見事だった。僕が見た中で最高のゴールのひとつだったと思うよ。本当にハッピーだ」


 ヘディングの練習をしていたのかという問いには、こう答えている。


「試合でやるために練習してはいない。でも試合中には守備のために何度もやっているので、ボールをどうやってヘディングするかくらいは分かるよ」


 世界中のメディアがこぞって大々的に報じた、アリソンの超絶ヘディング弾。これで勢いづいたリバプールが逆転でCL切符を掴めば、プレミア史に残る伝説の一撃となるのは間違いない。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事