「ピッチで最も優秀だった」吉田麻也を伊メディアが大絶賛! ウディネーゼ戦でチーム内最高評価

「ピッチで最も優秀だった」吉田麻也を伊メディアが大絶賛! ウディネーゼ戦でチーム内最高評価

2021.5.17 ・ 海外サッカー

シェアする

 現地時間5月16日、セリエA第37節が行なわれ、吉田麻也が所属するサンプドリアはウディネーゼとアウェーで対戦し、1-0で勝利を収めた。


 吉田は先発出場し、勝利に貢献。試合は終盤までスコアレスが続いたが、88分にファビオ・クアリアレッラがPKをきっちり決めて1点を挙げ、そのまま逃げ切った。


 守備で奮闘した日本人DFに、現地メディア『Calciomercato.com』は10点満点中7点、『TUTTOmercatoWEB』も6.5点をつけ、スコアラーのクアリアレッラと同じチーム内最高評価を与えた。後者は「吉田の守備はパーフェクト」と綴り、「ピッチ上のサンプドリアの守備陣の中で、最も優秀な選手だった。味方をリードし、実質的なリスクをとらないプレー」と寸評を添えている。

  また、『Sport Mediaset』もクアリアレッラに続く6.5点をつけ、「完璧なスライディングで危険なクロスを跳ね返し、最高の対応を見せた」と称えている。

 

 サンプドリア専門ニュースメディアの『Sampdorianews』も同じく6.5点を与え、「守備の中心にいた彼は、強力な相手をマークしなければならなかったが、リスクを冒すことなく守備を率いていた。攻めの局面でもセットプレーで際立っていた」と賛辞を送った。


 現地局『EUROSPORTS』も7点を与え、吉田を「サムライだ」と絶賛。日本人DFの存在感に拍手を送っている。


 セリエAは残り1試合。最終節でサンプドリアはパルマと対戦する。サムライ戦士の再びの奮闘に期待したい。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事