英BBCが「21世紀の欧州最高ストライカー」を厳選! C・ロナウド、アンリら32人による“激戦”を制したのは――

英BBCが「21世紀の欧州最高ストライカー」を厳選! C・ロナウド、アンリら32人による“激戦”を制したのは――

2020.6.6 ・ 海外サッカー

シェアする

 サッカーの世界では常に新たな才能が登場する。だからこそ、「最高」を決めるのは難しい。


 そうしたなかで、英公共放送『BBC』は現地時間6月4日、ファンに向けて「21世紀のヨーロッパ最高ストライカー」というアンケートを実施。同メディアのスポーツジャーナリストが選出した32選手を候補として、トーナメント形式で頂点に立つ選手を選んだ。


 条件は、3シーズン以上で20得点以上を記録した選手だ。そのため、例えば元イタリア代表のフィリッポ・インザーギのように、ワールドクラスの優れたストライカーでも候補外という場合がある。

  いずれも豪華絢爛な32選手で、1回戦はこのような対戦カードが組まれた。


キリアン・エムバペ対ハリー・ケイン

ガレス・ベイル対アレッサンドロ・デル・ピエロ

ダビド・ビジャ対ロメル・ルカク

クラース・ヤン・フンテラール対ジエゴ・コスタ

アントニオ・ディ・ナターレ対エディン・ゼコ

ティエリ・アンリ対ダビド・トレゼゲ

ズラタン・イブラヒモビッチ対アンドリー・シェフチェンコ

アラン・シアラー対トーマス・ミュラー

ウェイン・ルーニー対マイケル・オーウェン

ヘンリク・ラーション対マリオ・マンジュキッチ

パトリック・クライファート対フランチェスコ・トッティ

クリスチアーノ・ロナウド対ルート・ファン・ニステルローイ

ルカ・トーニ対ロビン・ファン・ペルシ

カリム・ベンゼマ対ディミタール・ベルバトフ

ミロスラフ・クローゼ対ロベルト・レバンドフスキ

ラウール・ゴンサレス対フェルナンド・トーレス


 勝ち上がった16名による2回戦は、次のような対戦になった(カッコ内は前ラウンド得票率)


エムバペ(58%)対デル・ピエロ(72%)

ビジャ(90%)対コスタ66%)

ジェコ(63%)対アンリ(97%)

イブラヒモビッチ(76%)対シアラー(77%)

ルーニー(72%)対ラーション(77%)

トッティ(71%)対C・ロナウド(90%)

ファン・ペルシ(90%)対ベンゼマ(66%)

レバンドフスキ(78%)対ラウール(70%)


 準々決勝の対戦カードは次のとおりだ。


デル・ピエロ(65%)対ビジャ(83%)

アンリ(97%)対イブラヒモビッチ(51%)

ルーニー(70%)対ロナウド(89%)

ファン・ペルシ(73%)対レバンドフスキ(62%)


 準決勝は、デル・ピエロ(56%)対アンリ(77%)、C・ロナウド(89%)対レバンドフスキ(70%)となった。勝ち上がったのは、アンリ(83%)とC・ロナウド(78%)だった。そして、大注目のファイナルでは、C・ロナウドが54%の得票率でアンリを下した。この結果を受け、BBCは「PK戦での勝利みたいなもの」と報じている。


 もちろん、ノミネートから投票結果まで、異論は尽きないだろう。そして、あくまで「21世紀の欧州ストライカー」が条件だけに、例えばリオネル・メッシらが対象から外されていることも忘れてはいけない。やはり、「ベスト」を決めるのは難しい。


構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事