3ゴールだけじゃない!名古屋の救世主“クバ”がもたらしたACL大邱戦での今季初の逆転勝利

3ゴールだけじゃない!名古屋の救世主“クバ”がもたらしたACL大邱戦での今季初の逆転勝利

2021.9.15 ・ Jリーグ

シェアする

 名古屋グランパスは9月14日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)東地区のラウンド16で韓国の大邱FCと対戦し、4-2で逆転勝利を収めた。


 堅守をベースに先行逃げ切りが勝ちパターンとなっている名古屋だったが、この日は開始4分で被弾。一度はシュヴィルツォクのゴールで同点に追いつくものの、28分に再び失点を許し1点ビハインドで前半を折り返した。


 今季、先制を許した試合はすべて敗戦している名古屋にとって嫌なムードが漂い始めたなか、違いを見せつけたのが前半にも同点弾を決めているシュヴィルツォクだった。


 63分にこの日2点目となるゴールで再び同点とすると、2分後に果敢なプレスで相手DFから自らボールを奪い右足を一閃。助っ人FWのハットトリックで、名古屋が65分、遂に逆転に成功する。その後、CKから中谷進之介の得点も生まれ終わってみれば4-2の快勝だった。。


 3得点でチームを勝利に導いたシュヴィルツォクは試合後に今季初めての逆転勝利となった後半のゴールラッシュをこう振り返った。


「ハーフタイムに『我々のほうが強い。我々のほうが勝利に値するチームだ』とチームメイトに話をした。後半はその力を見せることができて良かった」


 その言葉通り、先のEUROにも出場したポーランド代表FWは、後半開始時にチームメイトへ率先して声掛けし、勝者のメンタリティを叩き込んだ。

  その一方で謙虚さも忘れていない。ハットトリックを達成した喜びと、3ゴールの中で一番手応えのある得点シーンを聞かれるとこう答えた。


「どれが良いかというよりも、今日はチームが良かったと思う。3点決めたが、本当にチームの貢献があって決められたゴール。例えば、1点目のゴールは本当にパーフェクトなパスが出てきて決めることができた。2点目のゴールも良いパスが出てきたので、しっかりと決めるだけだった。3点目はちょっと違いますが、みんなの貢献があったからこそ、私がゴールを決めることができたと思う」


 今夏に加入したストライカーが救世主となり、名古屋がベスト4に進出した2009年以来となるACL8強進出を決めた。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事