【識者に訊く|JリーグMVP候補】L・ダミアンが最有力!右SBの鉄人と大ブレイクのスピードスターが追走か

【識者に訊く|JリーグMVP候補】L・ダミアンが最有力!右SBの鉄人と大ブレイクのスピードスターが追走か

2021.10.27 ・ Jリーグ

シェアする

 今季も残すところ5試合となり、いよいよ最終盤を迎えるJ1リーグ。激闘が繰り広げられた2021年シーズンで、最優秀選手賞に輝くのはいったいどの選手か。ライターの河治良幸氏にMVP有力候補3名を挙げてもらい、現時点までのそれぞれのプレーを評価してもらった。


――◆――◆――


●レアンドロ・ダミアン(FW/川崎フロンターレ)

今季J1成績:30試合出場・17得点 ※33節終了時点


 17得点というゴール数もさることながら、山根視来に次ぐ8アシストを記録。そうした目に見える結果を考えても、MVPの最有力候補であることに疑いの余地はない。


 加えて前線からの守備と攻撃における存在感は大きく、レアンドロ・ダミアンがいれば苦しい試合でも川崎に勝利をもたらすという安心感や期待感があり、それは対戦相手へのプレッシャーと言い換えることもできる。


 勝利に直結するゴールを挙げれば、枚挙にいとまが無い。終盤戦で横浜を突き放す転機となったACL後の5連戦で5連勝。特に、第31節の東京戦でのヘディングでの決勝ゴールはシーズンのハイライトのひとつだろう。直近でも第33節の清水戦で、マルシーニョとの鮮やかなコンビネーションから決勝点を挙げた。


 来日3年目で最高のシーズンを過ごしているL・ダミアンだが、常に明るく謙虚なキャラクターであり、元ブラジル代表の選手がここまでJリーグに溶け込んでいることも非常に喜ばしいことだ。

 ●山根視来(DF/川崎フロンターレ)

今季J1成績:32試合出場・2得点 ※33節終了時点


 湘南から新加入だった昨シーズンも素晴らしかったが、2年目で見事に過去の自分を超えてきた。


 サイドバックながら10アシストを記録しており、その他にも多くのゴールシーンに起点として絡んでいる。家長昭博との右サイドのコンビはJリーグの歴史においても歴代最強レベルだろう。相手側も常に警戒するべき選手であることは認識しているはずだが、それでも攻め上がってくるタイミング、位置取り、周囲とのコンビネーションなど、的を絞らせない。


 その一方で守備面の安定感も素晴らしく、同サイドの1対1だけでなく、反対側から来るクロスの対応やカバーリングなど、センターバックさながらのディフェンスでチームを救うシーンも多く見られた。


 何よりも特筆したいのはシーズンの過密日程を戦い抜く鉄人のようなタフさだ。リーグ戦においては第21節の横浜FC戦を除く全試合にスタメンで起用されて、31試合でフル出場。代表活動もあるが、オフはしっかり休んでもらいたい。

 ●前田大然(FW/横浜F・マリノス)

今季J1成績:31試合出場・18得点 ※33節終了時点


 Jリーグ随一のスピードスターにとって大ブレイクのシーズンになっている。


 古橋亨梧(セルティック)、オナイウ阿道(トゥールーズ)、アンデルソン・ロペス(武漢足球倶楽部)と前半戦にゴールを量産したアタッカーが次々と海外移籍する中で、コンスタントに点を取り続けてきている。


 爆発的なスピードは誰もが知るところだが、チャンスを逃さない洞察力や相手のディフェンスを出し抜く術に磨きをかけており、誰と前線で組んでもフィニッシャーとして能力を発揮できていることが素晴らしい。

  驚異的なスプリント回数に表わされるように、90分を通して走り続けられる体力も目を見張る。シーズンの前半戦ではウイングよりセンターフォワードの方がやりやすいと言うコメントも発していたが、それも聞かれなくなった。東京五輪は出場機会が少なく、消化不良に終わってしまった感は否めないが、A代表で大きく飛躍してほしい選手の一人だ。その意味でも得点王を目指し、残りの試合でさらにゴールを積み重ねることに期待したい。


文●河治良幸



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事