「これぞイッタイカン!」8年ぶりルヴァン杯決勝進出を果たした広島。リザーブメンバーの“アツすぎる”姿に脚光!「ええチームやなあ」

「これぞイッタイカン!」8年ぶりルヴァン杯決勝進出を果たした広島。リザーブメンバーの“アツすぎる”姿に脚光!「ええチームやなあ」

2022.9.27 ・ Jリーグ

シェアする

 9月25日に行なわれたルヴァンカップ準決勝第2戦で、サンフレッチェ広島はアビスパ福岡と0-0の引き分けに終わった。第1戦を3-2と勝利していた広島は、合計スコアで上回り、8年ぶりに決勝へと駒を進めた。


 翌26日、Jリーグの公式Twitterアカウントは、同試合を見守っていた広島のリザーブメンバーの姿を捉えた25秒の動画を公開し、大きな反響を呼んでいる。


 動画では、GK川浪吾郎、MF茶島雄介、DF住吉ジェラニレショーン、FWナッシム・ベン・カリファらがピッチ外で試合を見守っている。


 しかし、ただ見守っているだけではなく、ピッチ上で何か納得がいかない出来事が起こったのか、大きなリアクションをし、プレーする選手たちと一緒に“戦っている”様子が見て取れる。

 この姿に、ファンからは「野津田がジョンマリに倒されたとこかな??」「助監督と愉快な仲間たち」「この動画最高!」「アツすぎる!!」「ベンチメンバーのこの熱さ、これぞイッタイカン」「ええチームやなぁ」「これもサンフレの強み」といった称賛が集まった。


 そのほか、「キングオブコント出ようか」「ごろちゃん撮って載せるところが、需要を知ってらっしゃるJリーグ様(笑)」「彼らなくして、SANFRECCEの快進撃なし」といったコメントも見られた。


 広島にとっては、14年大会以来、8年ぶり3度目の決勝進出となる。再び舞い戻った大舞台で、“一体感”を武器にタイトルを勝ち取ることができるだろうか。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画