「Jリーグにはたくさんのポテンシャルがある」元横浜FCバタ氏、日本人が欧州で成功する理由を語る

「Jリーグにはたくさんのポテンシャルがある」元横浜FCバタ氏、日本人が欧州で成功する理由を語る

2022.9.27 ・ Jリーグ

シェアする

現役時代にセルティックや横浜FCでプレーした元アルバニア代表DFルディ・バタ氏は、日本人選手がイギリスで成功する理由を説明した。


元横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督が指揮するセルティックで、Jリーグのクラブから移籍した古橋亨梧、前田大然、旗手怜央、井手口陽介が大きなインパクトを残す。さらに、世界最高峰のプレミアリーグのブライトンにも、昨夏に川崎フロンターレから移籍した三笘薫が所属し、デビューから好パフォーマンスを披露する。


イギリスで日本人選手が一定の評価を受け、新たなタレント発掘の市場としてJリーグに注目が集まる中、2003年に横浜FCでプレーしたバタ氏は、イギリス『Tribalfootball.com』で、Jリーグ出身選手たちの活躍を称え、イギリスのクラブがもっと日本でプレーする選手たちに関心を寄せるよう求めた。


「Jリーグにはたくさんのポテンシャルがあると思うし、日本にはたくさんのタレントがいると思う。もちろん、ここ何年にもわたってヨーロッパでプレーするたくさんの日本人選手がいる」


「この背景として、彼らにはタレントや規律があり、彼らは献身的に取り組み、彼らはとてもハードワークをする国だ。だから、彼らはヨーロッパで成功しているし、パフォーマンスでインパクトを与えている」


記事提供:Goal

シェアする

最新記事

おすすめ動画