日本、オナイウ阿道のハットなど5発でキルギス撃破! アジア2次予選8戦全勝で最終予選へ

日本、オナイウ阿道のハットなど5発でキルギス撃破! アジア2次予選8戦全勝で最終予選へ

2021.6.15 ・ 日本代表

シェアする

 カタール・ワールドカップ(W杯)・アジア2次予選の日本代表対キルギス代表の一戦は6月15日、パナソニックスタジアム吹田で行なわれ、日本が5対1で勝利を収めた。


 2次予選最後の一戦で、日本は最前線にオナイウ阿道、2列目の右サイドに坂元達裕を先発起用。それぞれ代表初スタメンとなった。


 日本は立ち上がりこそキルギスの粘り強い守備に苦しめられるが27分、初先発のオナイウに待望の一発が生まれる。右サイドからの山根視来のクロスをオナイウがヘッドで合わせると相手DFのハンドを誘い、PKを獲得。これをオナイウが自らゴール左に落ち着いて沈め、日本が先制した。オナイウにとって、これが代表初ゴールとなった。


 さらに日本は31分、中盤の守備網をドリブルで突破した川辺駿が、敵最終ラインとGKの間に鋭いクロスを供給。これをファーサイドに回り込んだオナイウが押し込み追加点を挙げると、さらに2分後には、左サイドの小川諒也からのクロスを、みたびオナイウがヘディングシュートでネットを揺らす。オナイウのハットトリックで日本が3点のリードを奪う。


 しかし、日本は前半終了間際に守田が自陣ペナルティエリア内で相手の突破をファウルで阻みPKを献上。これをムルザエフに決められ、1-3とされる。前半は日本が2点をリードして終了した。

  迎えた後半も日本が主導権を握るが、最終予選進出の望みがあるキルギスも粘り強く対応。決定打が生まれない。61分には守田英正に代わって橋本拳人、原口元気に代わって古橋亨梧を投入して打開を図る。


 さらに68分には、この日3得点のオナイウに代えてDFの佐々木翔を投入。システムを4-2-3-1から3-4-2-1へと変更してリズムを変える。するとこの采配が的中。72分、日本は敵陣へ押し込みCKを獲得すると、交代で入ったばかりの佐々木がヘディングシュートでネットを揺らす。日本が4-1とリードを広げる。


 日本は77分、古橋がドリブル突破でチャンスを作り出すと、タイミングよく並走した浅野へラストパス。これを浅野が落ち着いてゴール右へ沈め、日本が5-1とする。


 結局、試合は5-1でタイムアップ。日本が2次予選最終戦をしっかり勝利で締めくくり、グループステージ8戦全勝として、9月に行なわれる最終予選へ向かうこととなった。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事