「俺が俺がという強い気持ちで」久保建英が強敵スペインとの準決勝に並々ならぬ覚悟【東京五輪】

「俺が俺がという強い気持ちで」久保建英が強敵スペインとの準決勝に並々ならぬ覚悟【東京五輪】

2021.7.31 ・ 日本代表

シェアする

 U-24日本代表は7月31日、東京オリンピックの準々決勝でU-24ニュージーランド代表と対戦し、PK戦の末にベスト4進出を決めた。


 試合後取材に応じた久保建英は、なかなかお互いに点が奪えず、ファウルも多くなった試合展開について、「フラストレーションが溜まる試合だった」とし、得点を挙げられなかったことに対し反省を口にした。


「チームとしても良くない時間があり、すごくフラストレーションが溜まる試合ではありましたけど、結果的にやることをやった自分たちに今回は良い流れがきたのかなと思います。僕もやっていて点を取られる気はしなかったですし、こっちは点の取れそうな雰囲気がありながら、今回、前の選手がチームに貢献できなかったことは、しっかり反省して、次の試合はきっちり早い時間で点を取って、決めたいと思います」

  決勝進出が懸かる次戦の相手は、多くのタレントを揃える強敵スペイン。久保は、「この試合に関しては俺が俺がという強い気持ちで、変に自己中になるわけではなく、俺がチームを勝たせるという気持ちで臨みたい」と、これまで以上に強い決意で臨むと表明した。


「試合ができると決まったからには、最後8月7日(決勝)に試合がしたいので、そのために良い準備をしていきます」


 8月3日に行なわれるスペインとの準決勝、20歳ながらチームを引っ張る日本の至宝の活躍に注目だ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事