【関塚隆の目】ニュージーランドの“妙策”に苦戦。そんな日本を救ったのは…【東京五輪】

【関塚隆の目】ニュージーランドの“妙策”に苦戦。そんな日本を救ったのは…【東京五輪】

2021.8.1 ・ 日本代表

シェアする

 ニュージーランドによくぞ勝ち切った。苦しみながらも掴んだこの勝利は必ずチームに勢いをもたらすはずだ。


 一発勝負となる決勝トーナメントで、しかもその1試合目となれば本当に難しい。独特の緊張感があるし、相手はスカウティングを重ねて勝つためのプランを練ってくるわけで、どちらがリズムを掴めるかという勝負になってくる。


 ニュージーランドが近年力をつけてきているのは常々感じていた。今大会でも5バックのシステムで辛抱強く戦っていたし、初戦では韓国に1-0で勝利を収めていた。決勝トーナメントに上がってきたのは決してマグレではない。


 この準々決勝でもしっかりと日本を研究して臨んできた印象で、非常に良いパフォーマンスを見せた。


 まずニュージーランドが講じてきたのが、日本の中盤3枚を封じる策だった。5-3-2のシステムで、田中、遠藤、久保に中盤3枚がしっかりとマークをして自由にさせなかった。


 3バック中央のリードが負傷交代したあとも、ダイヤモンド型の4-4-2に変えて引き続き日本の中盤を制止。田中と遠藤の攻め上がりを抑制し、攻撃に厚みを生ませなかった。

  バイタルエリアに入ってきたサイドハーフの相馬や堂安にはSBが対応し、中央の3バックはゴール前から動かず固いブロックを構築。また橋岡、旗手というSBにボールが入ってから守備をスタートさせる意思統一もできていた。


 一方の攻撃では、急がずにハーフウェーライン10メートル後ろくらいからビルドアップを開始すると、縦パスを入れたり、サイドに展開したりと日本の守備を上手く引き出していた。


 狙いは長身フォワードのウッドへのハイボールだった。彼を起点にした攻撃で日本の間延びを狙ってきた。長めのボールを入れているため、ボールを失った際にも敵陣の深い位置から守備に入れる。この日のニュージーランドは、そうした戦い方が実に整理されていた。


 その相手を攻略するのに日本は苦労した。左サイドの相馬がワンツーでチャンスを作ったりと速い攻撃を仕掛けてはいたものの、3枚のCBを動かせなかったためにゴール前をこじ開けられなかった。


 中盤も分断されていたから、そのうちに全体の距離感が段々と悪くなり、コンビネーションがなかなか図れなくなっていった。そして攻撃が良い形で終われないから守備時に狙いどころがなくなって、ボールを運ばれる時間が増えたというわけだ。

  もちろん試合のなかで連係が取れなくなる状況は往々にして起こり得ることだ。そこで交代策を使うなり、攻撃の形を変えるなり、何か変化が必要になる。3バックのうち1枚を引き出してギャップを作るような攻撃ができていれば、展開はまた変わったはずだ。


 そんな難しい展開でチームを救ったのが谷だった。この試合で彼に触れないわけにはいかないだろう。


 ハイボールの処理と守備範囲の広さがとにかく素晴らしい。相手がクロスという狙いを持っていたなかで、的確な足の運びと判断で対応し続けていた。PKストップもお見事。120分の試合でもPK戦でも流れを持って来たのは、このGKだった。


 今回は谷の活躍もあって勝利を掴んだが、さて、次のスペイン戦にはどう臨むか。


 開幕前の親善試合では先制点を奪い1-1のドローだったものの、本大会でスペインがどう戦ってくるかは読めない部分もある。トレーニングマッチと本番とでは、選手のモチベーションやプランが大きく違うからだ。

  12年のロンドン五輪の時も開幕直前のメキシコ戦では2-1で勝っていた。しかし本大会の準決勝で再戦した時にはご承知のとおり1-3で敗れてしまった。


 スペインは準決勝のコートジボワール戦を劇的な形で勝ち上がっている。90分ギリギリで同点に追いつき、そのまま延長戦に入ると3点を奪い勝利したのだ。逆転の立役者が長身のラファ・ミルで、彼が途中投入されてからは、よりパワフルな攻撃を展開していた。日本はそういった戦いの変化に対応していかなければいけないだろう。


 決勝トーナメントというのは、チームとして、そして個人としての対応力が問われるものだ。


 育成年代を含めた日本サッカーの課題として、大舞台での一発勝負というものに慣れていかなければいけない。ワールドカップでもベスト4、ベスト8を狙っていくわけだから、今回の拮抗した戦いはそうした経験を積む貴重な場でもある。


 決勝トーナメントの初戦をゼロで抑えて、PK戦の末であってもしっかり勝ち切ったというのは、日本サッカーにとって進歩の証明だ。次の準決勝という壁も突破して是非メダルを掴んでほしい。


■プロフィール

関塚 隆(せきづか・たかし)/1960年10月26日生まれ、千葉県出身。現役時代は八千代高から早稲田大へ進学し、本田技研で活躍。91年に現役を引退し指導者に転身。母校の早大ア式蹴球部監督を経て、鹿島、清水のコーチを歴任し、2004年に川崎の監督に就任。10年からはU-23日本代表監督として指揮を執り、ロンドン五輪を経験。44年ぶりのベスト4へ導く。大会後、磐田、千葉で指揮を執り、18年に再び日本サッカー協会に入り、技術委員長やナショナルチームダイレクターを歴任した。


構成●サッカーダイジェスト編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事