「酒井選手がいないで負けたと言われるのは嫌だった」橋岡大樹が見せた意地!NZ戦で得たモノは…

「酒井選手がいないで負けたと言われるのは嫌だった」橋岡大樹が見せた意地!NZ戦で得たモノは…

2021.8.1 ・ 日本代表

シェアする

 東京五輪の男子サッカーでベスト4に勝ち進んだU-24日本代表。


 7月31日に行なわれた準々決勝のニュージーランド戦は0-0のスコアでPK戦に突入し、PK4-2で勝利を収めた。


 オーバーエイジで参加し、不動の右SBとして君臨していた酒井宏樹欠場のピンチに抜擢されたのが橋岡大樹だった。185センチの酒井にも引けを取らない184センチの体躯を生かし、屈強なニュージーランドの選手たちに一歩も譲らずに渡り合った。


 試合後に橋岡は「やっぱり、酒井選手がいないで負けたと言われるのは嫌だった。自分の責任、自分の役割は勝つことだけだと思っていたので、まずはこの勝利に貢献できたことが素直にうれしいです」と安堵の様子を浮かべた。


 そして、自身にキッカーの出番は回ってこなかったものの、PK戦では「蹴る人だったり谷選手だったり本当に信じ切っていたので。負ける気がしなかったです。本当にメンタルの戦いになったら絶対勝てると思っていた。勝てて良かったです」と喜びを爆発させた。

  日本のCBやダブルボランチへプレスを仕掛けてきたニュージーランド相手には、サイドのスペースが空く場面も多数見られた。元々CBを務めていた橋岡にとって、課題としていた攻撃面でもボールを保持する時間が増えた一戦だった。


「スペースに持ち運んでサイドの選手に当てたりして2対1の状況作って、僕が回ってクロスまでいくという形は前半結構多かった。後半相手もギアを上げてきて、その形がなくなってきた。それでも後半もいいクロスを上げることができましたし、それが点につなげられれば良かったですけど、そういったところの精度をまた上げていければいいかなと思います」


 日本の攻撃陣の強みがシンプルなクロスボールで勝負することを意図していないため、まだまだ改善は必要かもしれないが、攻守で大きな自信を掴んだようだった。


 メダル獲得に向けての大一番に向けては、「酒井選手が帰ってきますけど、何が起こるか分からないので常にいい準備をして、何かアクシデントがあった時など、酒井選手の代わりではなく自分の良さを出せるようにしたい」と意気込みを語った。


 酒井の累積警告というアクシデントで得たチャンスを生かした橋岡。“代役”では終わらない大きな自信を掴んだようだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事