「時間をかけてやれ!」4歳上の味方へ的確な指示も…U-22日本、松木玖生が放った先制弾にとどまらない存在感

「時間をかけてやれ!」4歳上の味方へ的確な指示も…U-22日本、松木玖生が放った先制弾にとどまらない存在感

2021.10.27 ・ 日本代表

シェアする

 来年、ウズベキスタンで開催されるU-23アジアカップの本大会出場を懸けた予選が福島県のJヴィレッジで開催された。カンボジア、香港と同組になったU-22日本代表は26日に初戦のカンボジア戦を迎えたが、ここで抜群の存在感を示したのが青森山田高3年のMF松木玖生だった。

  松木はMF櫻井辰徳が負傷によって辞退をしたことで追加招集されていたが、この試合では追加招集とは思えない活力あるプレーでチームを牽引した。開始10分には右CKに対し、ファーサイドに飛び込んで先制弾をヘッドで叩き込んだ。


「カンボジアのセットプレーの守備はファーサイドが空くと監督から言われていたので、そこを狙いました。突っ込んで行ったらボールが来たので決めるだけでした」と、試合後に本人はさらりと答えたが、このゴールは簡単なゴールではなかった。GKのパンチングミスがファーに流れてきたが、松木は身体を折りたたむように軌道が変わったボールに頭を差し出し、しっかりとミートしてゴールに突き刺した。


 冷静に事前のスカウティングを頭に入れ、きちんと遂行する。ここぞという場面でゴールを決める勝負強さをいきなり示す形となった。


 その後はチャンスを作れどなかなか決めきれない展開となったが、松木はボールのないところの動きでもチームの攻撃を活性化した。


 どうしても我が強い選手に見られがちだが、彼の持ち味は高い献身性にある。青森山田では強烈なプレスバックと精力的なカバーリングで、守備面では一切手を抜かないプレーを見せ続けている。この代表ではポジションがボランチではなく、4-3-3のインサイドハーフとなったことで、アンカーの松井蓮之のケアに気を配りながらも、味方がボールを持つと積極的に前線にスプリントをして相手守備陣の歪みを作り出した。


 印象的だったのがプレーだけではなく、声の部分だ。前半、味方のミスからカウンターを受けてピンチとなったが、相手のコントロールミスもあって松井がこぼれを拾ってマイボールにした瞬間、学年では4つ上の松井に対して、「蓮之!時間をかけてやれ!」と的確な声を出した。それに反応した松井はボールをキープし、ポゼッションを選択。この声でチームは落ち着いた。


 その後も松木はプレーと声でチームを盛り立てた。71分に鈴木唯人との交代を告げられるまで、毅然としたプレーをピッチで示し続けた。


「途中合流の難しさよりも、『どんどんチャレンジしていいよ』ということだったので、自分なりに考えてチャレンジしました。練習から(インサイドハーフで)いいサポートをすることをイメージできたので、そこはスムーズに出せたと思います」

  松木にとってボランチやサイドハーフ、トップ下は経験したことがあるが、3トップの下に2枚のMFが並ぶインサイドハーフは初めての経験だった。だが、コンビを組んだ田中聡、アンカーの松井、1トップの細谷真大との距離感も良く、その動きを見逃さずに初めてとは思えないアジャストぶりを見せた。


「日の丸を背負うということはそれに恥じないプレーをしないといけない。たとえ途中で参加をしても『こいつではダメだ』と思われないように結果を出すことに集中した。次も出場機会があればチャンスをモノにしたいと思います」と貪欲さを言葉でストレートに表現する一方で、「何より日本代表に貢献をしたいという気持ちが強い」と口にしたように、自分のなすべきことを理解していたからこそ実現できたパフォーマンスだった。


 次は香港戦。出番があるかどうかは分からないが、ピッチに立てば雰囲気を変えられる選手であることはこの試合で再確認できた。だからこそ、次の試合もと、期待をしてしまうのは筆者だけではないだろう。


取材・文●安藤隆人(サッカージャーナリスト)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事