三笘薫に続く若き才能は現われるか? 近未来にブレイク必至の逸材ドリブラー11人!

三笘薫に続く若き才能は現われるか? 近未来にブレイク必至の逸材ドリブラー11人!

2021.10.27 ・ 日本代表

シェアする

 ベルギー1部のユニオン・サン=ジロワーズに所属する三笘薫が持ち前のドリブルテクニックを活かし躍動中だ。11節のセラン戦でハットトリックを達成すると、翌節のオイペン戦でもPKを獲得し、さらに決勝点の起点となる活躍で、一躍注目を浴びる存在となっている。


 さらなる快進撃の予感も漂う三笘だが、国内でも若きドリブラーたちが様々なカテゴリーで眩い輝きを放っている。本稿ではサッカージャーナリストの安藤隆人氏に、プロ1年目と大学・高校年代プレーヤーを対象に、近い将来にブレイク必至と言える11人の逸材ドリブラーをセレクトしてもらった。


――◆――◆――


■プロ1年目の逸材ドリブラー


藤井智也(サンフレッチェ広島)

とにかく速い。スピードに乗ればグングン加速をしていく。彼のドリブルは長距離を一気に運べることが魅力で、カウンターの際には大きな武器となる。スピード系ドリブラーは一度そのスピードを止められると次のアクションの質が下がることがあるが、藤井はスピードを止める能力も非常に高く、止まってから再び爆発的な加速ができる高性能のエンジンを持つ。何度も仕掛けられた相手DFは、ボディーブローのようにダメージを重ねていくはずだ。


相良竜之介(サガン鳥栖)

ボールを受ける身体の向き、スピードアップするタイミングや仕掛けるタイミングが抜群で、ボールを正確にコントロールしながらドリブルコースを辿っていくことができる。ボールを奪われた後の回収力も彼の持ち味で、ドリブルを仕掛けるからには失敗に終わっても責任をとるといった強い意志を感じるのは魅力的に映る。カットインからのシュートも強烈だ。


橋本陸斗(東京V)

現在高校1年で、昨年は中3ながらトップチームの練習に参加。今年は高1でプロデビューを飾るなど、育成王国・ヴェルディが新たに世に出したドリブラーだ。左利きで独特の間合いとリズムを奏でるドリブルは、緩急の付け方が非常にうまい。細かいスピードダウンとアップを繰り返すことで、相手のバランスを崩してから背後を取っていく。まだまだこれからの選手だからこそ、そのドリブルをどこまで進化させるのかが楽しみだ。

 ■大学サッカーの逸材ドリブラー


西堂久俊(早稲田大3年/FC東京内定)

一瞬でギアを上げ加速するスピードと精度の高い左足のキック、そして179cmのサイズも持ち合わせる大型ドリブラー。試合の流れで右サイドと左サイドを自由に行き来できるのは、右足のキック精度も高く、ドリブルの際には両足で難なくボールコントロールができるから。どのエリアからでもスピード豊かで、強度の高いドリブルを繰り出すことができるのは魅力だ。

 浅倉 廉(拓殖大2年)

静岡学園で選手権優勝を経験したドリブラーは、昨年拓殖大で大ブレイク。相手の重心の逆をとったり、視線のやりとりで相手をコントロールするなど、駆け引きで上回るドリブルはかなりの威力を発揮する。どちらかというと突破のドリブルというより、シュートエリアへボールを運んで決定的なパスを出すタイプだが、今年はフィニッシャーとしての意識を持ち始めている。


荒木駿太(駒澤大4年/サガン鳥栖内定)

ちょっと異質なドリブラーと言ってもいいだろうか。武器はずば抜けたスピードなのだが、コース取りが非常に巧みで、サイドからのドリブルだけではなく、中央からもガンガン仕掛けられるのが特徴的だ。一方で守備力が非常に高く、永井謙佑のように前線からの高速プレスを仕掛けることもできるため、相手の持ち方や相手ボランチの動きなども視野に入れながらプレスに行き、奪った瞬間にも仕掛けられる。シュートセンスも抜群で、インフロント、アウトサイドなどを駆使して、多彩なコースに打てる逸材だ。


田中宏武(立正大4年/北海道コンサドーレ札幌内定)

縦突破であれば他を寄せ付けないくらいの切れ味を持っている。右利きだが、左足を長年鍛えてきたことで、左右両サイドでもカットインからのシュートをチラつかせながら、鋭い縦突破ができる。札幌はプロ2年目である金子拓郎、小柏剛と個で仕掛けられる選手が多くいるが、そこに別のアクセントを加えられる存在となるだけの力を持っている。

 ■高校サッカーの逸材ドリブラー


古川陽介(静岡学園高3年/ジュビロ磐田内定)

テクニックに秀でた『これぞ静岡学園の10番』と言うべき選手だ。これまで10番を背負った旗手怜央、松村優太といったドリブラーとは異なり、多彩なフェイントで時間を止められるドリブラーと表現すべきだろうか。切り返しを得意とし、キレとテンポで相手を手玉にとって翻弄するプレーは、見ている者をワクワクさせてくれる。プロの舞台でもそれが披露できるかに注目したい。

 藤森颯太(青森山田高3年)

前への強度が高い青森山田において、右からの高速アタックは大きな武器になっている。瞬間的なスピードに長け、縦、斜めと鋭角な仕掛けを見せてサイドを突破していく。ドリブルをしながらも中の状況をしっかりと把握しており、マイナスのクロス、ライナーのクロス、そしてファーサイドに落とすクロスと多彩なクロスでチャンスメイクできるアタッカー。引き出しが多い選手だ。


五十嵐太陽(川崎フロンターレU-18・3年/トップ昇格)

とにかくターンが巧い。縦へガンガン仕掛けるというより、方向転換で相手をいなしたり、スペースを作り出して侵入していく。それゆえにスペースに入ってからの選択肢も多く、パスでテンポを作ったり、さらに突破を仕掛けたりと、状況に応じたプレーができる。フィニッシュの技術にも長けており、アタッキングサードへ侵入していく中でGKの位置をよく見ており、狙いすましたシュートでゴールを決められる選手だ。


川谷 凪(静岡学園3年/清水エスパルス内定)

当初編集部からは10人選んでほしいと言われていたが、どうしても彼を入れたかった。今年の静岡学園は古川と川谷の両サイドアタッカーが強烈で、ブラジルのストリートサッカーのようなドリブルを見せる古川に対し、川谷は直線的かつ柔軟性も兼ね備えている。少ないボールタッチでぐんぐん加速して突破していくと、深い位置では急にボールタッチが細かくなり、相手のタイミングをずらして交わしていく。エリアによって使い分けている変化に相手は翻弄される。ぜひ古川とともに注目してほしいドリブラーだ。


取材・文●安藤隆人(サッカージャーナリスト)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事