森保ジャパンと列強国の現在地――遥か先を行くフランス、ドイツ、南米二強…日本は最適解に辿り着くのか?

森保ジャパンと列強国の現在地――遥か先を行くフランス、ドイツ、南米二強…日本は最適解に辿り着くのか?

2021.10.27 ・ 日本代表

シェアする

 最終予選で苦戦の森保ジャパン。チーム作りも戦術的な立ち位置も“世界”に遅れを取っていると言わざるを得ない。


 現在アジア最終予選を戦っている日本代表は10月、11月の4試合が終わって2勝2敗の勝点6。オーストラリア戦の勝利で少し明るい兆しも見えたが、サウジアラビアが勝点12、オーストラリアが同9、オマーンが日本と同勝点ながら得失点差で3位となっており、予選突破に予断を許さない状況だ。もちろん日本の大目標はワールドカップに出ることではなく本大会でベスト8以上に躍進することだが、まずはアジアの戦いに苦しんでいる現状から認識する必要がある。


 そのうえで、世界の列強国との“差”を確認していきたい。

  欧州ではネーションズリーグ決勝が10月11日に行なわれ、フランスがスペインを2-1で破って優勝を飾った。EUROのベスト16でスイスにPK戦負けを喫して、早期敗退したフランスはディディエ・デシャン監督の立場も危うくなるかに見えた。しかし、ベルギーとの準決勝とスペインとの決勝ではシステムを3-4-1-2に変更してアントワーヌ・グリエーズマンを一列下げることで、カリム・ベンゼマ、キリアン・エムバペとの共存関係を改善した。


 またベルギーやスペインに対して、アウトサイドのパバールとテオ・エルナンデズが柔軟に上下動することで、3バックやボランチと上手くハーフスペースを埋めて、流動的なスペインの攻撃を封じた。しかしながら9月に行なわれたワールドカップ予選のウクライナ戦ではエムバペが欠場、ベンゼマがベンチスタートとなるなかで、グリエーズマン、アントニー・マルシアル、キングスレー・コマンを3トップに並べる4-3-3を採用した。


 その流れからも3-4-1-2はベンゼマ、エムバペ、グリエーズマンを共存させるソリューションではあるが、今後フランスが一貫してこのシステムを使っていくことも考えにくい。現在、欧州随一のタレント力を備えるフランスのような国も模索しながら来年のワールドカップに向けて、強度の高い公式戦を重ねながら強化を進めている。そのフランスはワールドカップの欧州予選でD組の首位を走り、残る2試合で勝点1でも獲得すれば予選突破が決まる状況にある。

  前回のロシア・ワールドカップでまさかのグループリーグ敗退に終わったドイツはハンジ・フリック監督のもと、開催国のカタール以外では世界最速で予選突破を決めた。アイスランドやルーマニアと同居するJ組で、“伏兵”の北マケドニアにまさかの黒星をつけられたが、結局その1敗だけで残りを全勝で走り抜けた。


 本職のセンターフォワード不在が不安視されるドイツだったが、8試合で23得点、3失点。ティモ・ヴェルナーを前線の軸に置いて、新進気鋭のカイ・ハベルツなど充実するセカンドアタッカーを生かす4-2-3-1をベースに、5レーンを意識した立ち位置と素早いトランジションを融合させたハイブリットなサッカーを構築している。


 ドイツの強みはブンデスリーガで9連覇中のバイエルンが戦力のベースになっており、2019-20シーズンにチャンピオンズ・リーグ優勝をもたらしたフリック監督が率いることで、ドイツ王者と代表チームの親和性が高まっている。周知の通り、代表は活動期間が飛び飛びになり、招集メンバーも毎回変わりうるため、クラブチームに比べて戦術的な熟練度が落ちる傾向にある。


 現在のドイツではメンバーの約半数をバイエルンの所属選手もしくは元所属選手が占めており、そこにハベルツやヴェルナーが加わるような構成だ。つまり戦術の浸透度において確かなアドバンテージがあり、しかも“消化試合”となった予選の残り2試合をテストに使うことができる。親善試合をほとんど入れられない現在のレギュレーションで、早くも本番に向けた強化に矢印を向けられると言うことだ。

  また南米に目を向ければチッチ監督が率いるブラジルが首位を快走中。10月の試合でコロンビアに0-0で引き分けて連勝は9で止まったが、難敵ウルグアイに4-1で勝利。目下5位のウルグアイとは勝点15の差を付けており、次のシリーズで予選突破が決まりそうだ。エースのネイマールをトップ下に配置する布陣は組織と個人のバランスが取れており、ポジショナルプレー的な要素も適度に取り入れながら、局面でブラジルらしさを出せる好チームになってきている。


 コパ・アメリカでそのブラジルを破り、南米王者に輝いたアルゼンチンも現在2位で、数試合を残しての予選突破が濃厚となっている。スカローニ監督が率いるチームは4-3-3や4-2-3-1など、複数のシステムを使い分けるスタイルで、メッシは4-3-3なら右ウイング、4-2-3-1であればトップ下を担う。


 良くも悪くも“メッシのチーム”と言うカラーは強くなるが、現在のアルゼンチンはメッシ頼みということではなく、メッシを中心にまとまっていると言う表現がふさわしいだろう。試合でもメッシがストレスフリーで周りの選手たちと噛み合っていることが見て取れる。欧州の強豪国ほど攻守のトランジションなどは速くないが、それでも組織的に攻守のバランスが取れていて、特にボランチがロドリゴ・デ・パウルやレアンドロ・パレデスなど、運動量と局面のデュエル両面で強度を出せるタレントが充実していることも注目に値する。


 南米の二強がここまで予選で順調だったことは過去数大会のワールドカップでも珍しく、ブラジルならネイマール、アルゼンチンならメッシが良いコンディションで本大会に臨めれば、やはり優勝候補の一角になってくることは間違いない。

  世界の強豪国がそれぞれチーム事情やタレント事情が異なりながらも、少なからず位置的優位と攻守のトランジションを意識したチーム作りを進める中で、日本はかなり立ち遅れているように見える。


 初戦でオマーン相手にホームで黒星を喫した要因として、コンディションやメンタル的な準備が整っていなかったこともあるが、やはりダイヤモンド型の4-4-2を取るオマーンの戦い方に苦しめられた面が強い。オマーンは、攻撃では幅広いビルドアップとロングボールを組み合わせ、守備では徹底して中央のスペースを消す戦い方を徹底。それに対して後手を踏んだ日本は、後半も明確な修正ができないまま終盤に手痛い失点を喫した。


 アウェーで敗れたサウジアラビア戦も攻守両面でサウジアラビアの狙いがより明確で、高い位置からボールを奪い、ショートカウンターで仕留めていく理想的な戦い方はほとんどさせてもらえなかった。


 オーストラリア戦でそれまでの4-2-3-1から4-3-3に変更。川崎フロンターレで同システムに慣れた守田英正と田中碧を活用することで、たった2日間の戦術練習でオーストラリア戦の勝利に結び付けたことは明るい話題となった。ただし、オーストラリアにシステムの穴を突かれるとゴール前で身体を張るしかないシーンが何度もあったように、簡単に森保ジャパンの“最適解”が見つかるわけではない。

  代表は予選を突破し、本番で戦えるチームになっていれば良い世界ではあるが、現時点でベースの戦い方が鮮明になっておらず、世界のライバルに遅れをとっている。本番のライバルになってくる欧州や南米の列強国、さらに昨年11月の親善試合で敗れたメキシコなども、戦術的なベースにおいても先に進んでいることは確かだろう。しかも今回はコロナ禍で最終予選もこれまでより過密日程になり、そこから本番まで与えられる準備期間も長くはない。


 まずは最終予選でなんとか2位以内での突破を達成したいが、その中でも戦術面の前進や選手の台頭など、本番への期待につながるエビデンスを出していく必要がある。前回大会は直前の監督交代からベスト16でベルギーを苦しめたように、結果というのは蓋を開けてみないと分からないものだが、世界と戦うためのベースをもっと構築していかないと、少なくともベスト8以上の躍進を期待されるチームになっていくことは難しい。


文●河治良幸

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事