「猫のような反射神経で日本を救った」PK阻止など好守連発の守護神シュミットに対戦国メディアも脱帽!「この試合の主役だ」

「猫のような反射神経で日本を救った」PK阻止など好守連発の守護神シュミットに対戦国メディアも脱帽!「この試合の主役だ」

2022.9.28 ・ 日本代表

シェアする

 窮地を救った守護神に対戦国メディアも賛辞を贈っている。


 日本代表は9月27日、ドイツのデュッセルドルフ・アレーナで行なわれたキリンチャレンジカップ2022でエクアドル代表と対戦。スコアレスドローに終わった。


 この試合で際立った活躍を見せたのがGKのシュミット・ダニエルだ。前半アディショナルタイムにCKからのシュートを間一髪で掻き出すなど、再三好守を見せていた守護神に最大の見せ場がやってきたのは83分だった。


 谷口彰悟が与えたPKのピンチで、敵の大エースであるエネル・バレンシアのキックを完璧にセーブ。大ピンチを救ってみせた。


 エクアドルのメディア『ecuavisa』も、この活躍に脱帽。「日本のGKであるシュミットは、0点をキープするために2度の重要なセーブでチームを救った。この試合の主役だった」と称えた。


 前半アディショナルタイムの好プレーについては、「ミカエル・エストラーダがCKから0-0の均衡を破りそうだったが、シュミットが猫のような反射神経を発揮して日本チームを救った」と伝えている。


 ドローに持ち込めたのは、この大型GKの働きがあってこそだ。

 

構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画