「南野は空回りしていた」「屈強なる長友」海外記者がエクアドル戦に出場した森保ジャパン全17選手を独自採点!

「南野は空回りしていた」「屈強なる長友」海外記者がエクアドル戦に出場した森保ジャパン全17選手を独自採点!

2022.9.28 ・ 日本代表

シェアする

 現地9月26日、ドイツ・デュッセルドルフで日本代表はエクアドル代表との親善試合に臨み、0-0で引き分けた。快勝を収めたアメリカ戦からスタメンを全員入れ替えたチャレンジの一戦。オーストラリア・アデレード出身で、現在サッカーダイジェスト海外編集部員のスティーブン・トムソン記者が、エクアドル戦に出場した森保ジャパン全17選手を採点した。


◆   ◆   ◆


GK

MAN OF THE MATCH

23 シュミット・ダニエル 6.5

前半は何度かCKでの処理に不安定さが目立ったが、後半はヒーローとなった。ゲーム終盤に鮮烈なPKセーブを見せると、その直後にも相手の決定的なヘッドをブロック。マン・オブ・ザ・マッチに相応しい活躍でチームを救った。


DF

2 山根視来 5.5

右サイドでトラックバックする際に、どこか自信なさげで、対応が遅れがちだった。試合が進むにつれてビルドアップでの貢献度を高めて、堂安との連携で何度か見せ場を創出。


3 谷口彰悟 5.5

やや厳しいジャッジながら、PK献上の場面は集中力が必要だった。ただ、試合を通じてインターセプトとクリアには堅実さがあり、前線にうまく繋がらなかったものの、時折り放つロングボールは正確で効果的だった。


5 長友佑都 6.5 (83分OUT)

傑出したパフォーマンスを示し続け、シュミットと並んで高い評価を与えたい。かさにかかったエクドアルの攻撃に遭っても、屈強なフィジカルで立ちはだかり、執拗なチャージを繰り返した。敵のクロスボールへの対応も的確。


28 伊藤洋輝 5

身体的な強さを発揮しつつも、後半になると疲れの色を濃くしていった印象。守備において致命的なミスはなかったが、どこか迷いは感じられた。効果的なクサビをなかなか打ち込めなかった。


MF

7 柴崎 岳 5 (66分OUT)

ゲームから消えていた時間が長かった。ボールを持てば何かを起こす気配は漂わせたが、田中とのMFコンビは、アメリカ戦の守田&遠藤のような相乗効果が見込めなかった。


10 南野拓実 5 (66分OUT)

エクアドルの選手たちとフィジカルで渡り合えず、タフなチャレンジの前にボールロストを繰り返した。運動量が多く、チャンスに絡もうと奮起するも空回りしていた感が否めない。後半、三笘のクロスに合わせた決定機は決めたかった。

 

18 三笘 薫 5.5 (66分OUT)

アメリカ戦のような好機を生み出そう、左サイドで違いを見せようと奔走したが苦しんだ。相手DFを引きつけてチャレンジを試みたが、もっとシンプルにパスを出してチャンスを広げても良かった。


17 田中 碧 5.5

柴崎よりもゲームに関与していたのは確かだが、こちらも周囲との連携という点では物足りなさが残った。切り替え時の守備やピンチでのタックルなど、局面で光るプレーを披露。


21 堂安 律 6 (83分OUT)

日本の攻撃陣で唯一と言っていいほど、相手に当たり負けしていなかった。それでもこの日、持ち前のファイナルパスやフィニッシュは精度を欠いてしまった。守備のハードワーカーで、その積極性が裏目に出てファウルに繋がる場面も。


FW

9 古橋亨梧 5 (HT OUT)

ゲームにまったく入れていなかった。敵ボールに対して絶えず果敢にチャレンジしたが報われず、中盤との連携も分断されていた。前半終了間際のビッグチャンスを決めていれば、流れは変わっていたかもしれないが……。


交代出場

FW

26 上田綺世 6 (HT IN)

後半頭から登場するや、上手くボールを引き出して前線でタメを作った。決定的なヘディングを決め切れなかったのは悔やまれるが、終始活力漲るプレーを貫き、ポジティブなイメージを与えた。


MF

27 相馬勇紀 6 (66分IN)

ピッチに投入されるやすぐさま相手DFを手玉に取ってクロスボールを送り、見せ場を作った。左サイドで精力的にアピール。


MF

15 鎌田大地 6 (66分IN)

冷静なパス出しと鋭いドリブルで違いを見せつけ、ファイナルサードで脅威となった。エクアドルDF陣は明らかに対応に苦慮していた。


MF

6 遠藤 航 5.5 (66分IN)

プレッシャーに晒されても普段通りのクールなキープとパスを披露。だが、柴崎に代わってピッチに投入されるなか、流れを変えるほどの影響をもたらすこともなかった。

 

DF

22 吉田麻也 ―(83分IN)

この日のキャプテンは終盤になって登場。最後の局面で、エクアドルの強力アタッカー陣に高さと強さで対峙した。


MF

14 伊東純也 ―(83分IN)

ゲーム最終盤のチームにエネルギーを注入するも、出場時間が短く、決定的な仕事をするには至らなかった。


※MAN OF THE MATCH=記者が選定するこの試合の最優秀選手。

※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。

※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。


採点・文●スティーブン・トムソン


[プロフィール]

スティーブン・トムソン/1993年生まれ、オーストラリア・アデレード出身。アデレード大学を卒業後に来日し、上智大学で日本語を学ぶ。日本のスポーツと文化に精通し、今春からサッカーダイジェスト海外編集部員に。好きなサッカークラブはアデレード・ユナイテッド、リバプール、そしてガンバ大阪。



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画