「日本はとても技術に優れていた」エクアドルのベテランMFは森保ジャパンをどう見た?「難しい試合になった」

「日本はとても技術に優れていた」エクアドルのベテランMFは森保ジャパンをどう見た?「難しい試合になった」

2022.9.28 ・ 日本代表

シェアする

 エクアドル代表は9月27日、ドイツのデュッセルドルフ・アレーナで行なわれたキリンチャレンジカップ2022で日本代表と対戦。激しい攻防戦の末に、スコアレスドローに終わった。


 2-0で快勝した23日のアメリカ戦から先発11人を全員入れ替えた森保ジャパンに対し、エクアドルは激しいプレッシャーを掛け、球際の強さも発揮。攻撃でもチャンスを作り出したものの、83分のエネル・バレンシアのPK失敗など決定力を欠いた。


 そのバレンシアがスタメンを外れたため、ゲームキャプテンを務めた34歳のMFアンヘル・メナが試合後、日本の印象について語っている。米スポーツ放送『ESPN』が伝えた。


「良いバランスで戦うことができた。だが、日本がとても技術的クオリティに優れていたため、僕たちにとっては難しい試合になった」,


 ベテランのいぶし銀は「非常にフィジカル的な試合で難しく、ピッチコンディションも良くなかった。ただ、個人的にもグループとしてもパフォーマンス面は好印象だ」と続けている


 カタール、オランダ、セネガルと戦うカタール・ワールドカップ本大会に向けて、手ごたえを感じたようだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画