「W杯への夢は消えた」旗手怜央の2試合出番なしにセルティック地元紙が愕然!「1秒たりともピッチに立たなかった」

「W杯への夢は消えた」旗手怜央の2試合出番なしにセルティック地元紙が愕然!「1秒たりともピッチに立たなかった」

2022.9.28 ・ 日本代表

シェアする

 日本代表は9月27日、キリンチャレンジカップ2022でエクアドル代表とドイツのデュッセルドルフ・アレーナで対戦。チャンスを逃し続けるなか、83分にはPKを与えるも、守護神シュミット・ダニエルが見事にストップ。南米予選を4位で突破した難敵との一戦は、このまま0-0で終わった。



 スコットランド紙『Daily Record』は、セルティック勢の3選手に注目している。23日のアメリカ戦で出番のなかった古橋亨梧は先発し、ハーフタイムに交代。アメリカ戦で前半のみでお役御免となった前田大然はベンチ外、旗手怜央はベンチ入りしたものの、出場機会は最後まで訪れず。ベンチ外となった4日前に続き、90分間通してピッチ外から戦況を見守り、今回の遠征はプレータイムゼロに終わった。


『Daily Record』紙は、旗手の序列の低さに愕然。「ハタテのワールドカップへの夢は、無得点のエクアドル戦の後、消えた。この試合はカタール大会のメンバー発表前最後の試合であり、3人のパークヘッドのキープレーヤ―は、その飛行機に乗れるかどうか、不安な面持ちで待っているところである」と見出しを打ち、こう伝えている。

 「サムライ・ブルーのボス、モリヤスは主に2軍メンバーを起用したが、ハタテはアンジェ・ポステコグルーが率いるチームでかなり印象的なプレーをしたにもかかわらず、ベンチに引っ込んだままだった。24歳はカタール行きに危機感を抱いているに違いない。インターナショナルブレイク中、彼は全くプレーしていないのだ。


 ドイツとのワールドカップ初戦の前週にカナダとの調整試合があるのみで、代表メンバーが決定するまでにこれ以上の親善試合はない。このMFは先週行なわれたアメリカ戦後、出場できなかったことを悔しがり、こう言っていた。『正直、メンバー外は本当に残念だ。自分は十分戦えると思っている』」


 また、英紙『The Sun』のスコットランド版も、セルティックMFの窮状を驚きをもって報じている。


「ワールドカップ日本代表入りの望みをかけて、往復12000マイルの旅に出たレオ・ハタテは、2試合で1秒たりともピッチに立たなかった」


 森保一監督はエクアドル戦後、「ここからのワールドカップに向けて、まずは所属チームでチームを勝たせる存在として、存在感を放ってほしい。所属チームでの活躍が自然と代表の強化に繋がる」と訴えた。チャンピオンズリーグも戦うスコットランドの名門で、今まで以上の結果を残していくほかない。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画