古橋亨梧が悔やむ“1個のチャンス”。W杯メンバー生き残りに「結果を残し続けること」とアピールに燃える

古橋亨梧が悔やむ“1個のチャンス”。W杯メンバー生き残りに「結果を残し続けること」とアピールに燃える

2022.9.28 ・ 日本代表

シェアする

 9月27日に行なわれたキリンチャレンジカップ2022で、日本代表はエクアドル代表と対戦。試合はスコアレスドローに終わった。


 この一戦で、23日のアメリカ戦では出番のなかった古橋亨梧は、ワントップでスタメン出場。トップ下で先発した南野拓実との関係を意識したというが、「拓実が間で受けるのがうまいので、スペースを空けて、何回かチャンスを狙っていたんですけど、そのバランスがまだまだかなと思います」と振り返る。

  所属チームのセルティックではゴールを量産しているものの、日本代表では思うように結果を残せていない古橋。エクアドル戦でも、40分にエリア内で相手のビルドアップのミスを逃さず、ビッグチャンスを迎えたが、相手GKのファインセーブに阻まれた。


「あの1個のチャンスを決めきらないといけないですし、そこが大きな課題だと思います」と悔しさを滲ませた。


 カタール・ワールドカップのメンバー発表前、最後のアピールの場となったアメリカ、エクアドルとの2連戦。ノーゴールに終わった古橋は、「チームに帰って、また目の前のトレーニングから集中してやっていきます。結果を残し続けることがアピールだと思うので、頑張りたいと思います」と闘志を燃やしている。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画