「もう少し自分の対応を…」PK献上の谷口彰悟が反省の弁。本大会に向け高めたいのは「1対1の駆け引きの強度」

「もう少し自分の対応を…」PK献上の谷口彰悟が反省の弁。本大会に向け高めたいのは「1対1の駆け引きの強度」

2022.9.28 ・ 日本代表

シェアする

 日本代表は9月27日、キリンチャレンジカップ2022でエクアドル代表とドイツのデュッセルドルフ・アレーナで対戦。試合は0-0のスコアレスドローに終わった。

 

 CBで先発した谷口彰悟は、「エクアドルはワールドカップに出るということもあり、すごく良いチームだった。中盤の攻防も、なかなか相手の隙はなかったが、上回りたかった。本大会でこういう戦いになると想定できた」と試合を振り返る。

 

 谷口自身、アグレッシブな守備を見せていたが、81分、自陣ペナルティエリア内のファウルでPKを献上。「もう少し自分の対応を考えなければならない」と反省の弁。「ダン(シュミット・ダニエル)がしっかり止めてくれて、なんとかゼロに抑えることができた」と安堵しつつ、「それ以外は、危ない場面でしっかり身体を張り、お互いにカバーもできており、試合を通して集中力高く、やり続けられた」と一定の満足感を示した。

  また、ボールを持つ相手に対して、間延びすることなく中盤のミドルゾーンでコンパクトにできたことなど、ワールドカップ出場国相手に、収穫もあったという。そのうえで谷口は「ワールドカップ本大会に向けて、1対1の駆け引きの強度は、もっと上げていかなければならない」と課題も口にした。

 

 31歳と円熟味を増しつつあるCBは、メンバー選考までの残された時間で“W杯仕様”へと成長できるか。


構成●サッカーダイジェスト編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画