日本代表、悲願のベスト8に届かず…120分の死闘を経て、PK戦の末、前回準Vクロアチアに敗れる【W杯ラウンド16】

日本代表、悲願のベスト8に届かず…120分の死闘を経て、PK戦の末、前回準Vクロアチアに敗れる【W杯ラウンド16】

2022.12.6 ・ 日本代表

シェアする

 現地時間12月5日、カタール・ワールドカップのラウンド16で、日本代表は前回大会で準優勝のクロアチア代表と対戦。試合はPK戦の末に敗れた。


 日本は前半、43分に右CKの流れから、前田が自分のところにこぼれてきたボールを確実に叩き込み、先制点を奪う。


 だが、後半に入って55分、左サイドからのクロスを許し、ペリシッチのヘディングシュートで被弾。試合は振り出しに戻る。


 その後、隙のない守備でクロアチアの攻撃に対抗しながら、勝ち越し弾を狙っていったが、スコアは動かず。試合は延長戦に突入した。


 101分には相手のロングスローからシュートを打たれるが、身体を張ったブロックではね返す。105分には三笘が自陣からドリブルで持ち運び、力感あふれるミドルを放つも、相手GKにストップされる。延長前半も1-1のまま。

  延長後半も一進一退の攻防が続く。お互いに失点だけは避けようと、手堅い戦いを展開。日本は攻撃に転じれば、浅野のスピードやサイドアタックを試みるも、ゴールをこじ開けられない。


 終了間際には守勢に回ったが、失点は許さず。勝負はPK戦に持ち込まれる。先行の日本は南野、三笘、吉田が失敗。結果は1-3。森保ジャパンはラウンド16で敗れた。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画