「ウソだろ…」クロアチアにPK戦の末、森保J敗れる…ファンも呆然「どうしてこうもベスト8の壁厚いんや」【W杯ラウンド16】

「ウソだろ…」クロアチアにPK戦の末、森保J敗れる…ファンも呆然「どうしてこうもベスト8の壁厚いんや」【W杯ラウンド16】

2022.12.6 ・ 日本代表

シェアする

 現地時間12月5日、日本代表はカタール・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でクロアチア代表と対戦。試合はアル・ジャヌーブ・スタジアムで、日本時間6日の0時にキックオフされた。


 日本は前半に前田大然が先制ゴールを奪い、1-0とリードして終えたが、後半にペリシッチに同点弾を許す。勝敗の行方は延長戦でも決着はつかず、PK戦の末に敗退が決まった。


 日本が悲願のベスト8に挑むのはこれで4度目。現地スタジアムに乗り込んだ日本のサポーターが声援を送っているほか、テレビやストリーミングで見守るファンもSNSで盛り上がりを見せ、試合を見守った。

 「ウソだろ…」

「あと一歩だったのに」

「ベスト8の壁が厚すぎる」

「どうしてこうもベスト8の壁厚いんや」

「何が足りないんだろう。また考える日々が続く」

「PK戦が一番悔しいわ」

「悔しい、めっちゃ悔しいなぁ。 しっかり泣こう。たくさん泣こう」

「PKだから選手は悪くないんだよな…キッカーの選別には疑問が残るが」

「惜しかったな、 でもたくさんの夢の時間を本当にありがとうございました!」

「ベスト16かーーーーーー頑張ったお疲れ様」

「三笘泣くな!」

「無念、PKに散ったか…まさか3人も止められるとはね」

「またしてもPK戦の末のベスト16で敗退か…」

「振り返るとドイツとスペインに勝ったんだよ。 いいW杯だったよ」

「ここから先は、本当のストライカーが出てこないと進めない感あるよ」

「向こうのキーパーがヒーローになってしまった!」

「あと一歩だった。でもよく頑張った。 毎試合、本当に心が震えた。ありがとう日本代表」


 森保ジャパンのカタール大会は、ここで幕を下ろすことになった。ファンからは悔やむ声とともに、労いや感謝の声も多く見られた。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画