「圧倒的なパフォーマンスだ」冨安健洋がマークした“驚異のスタッツ”に現地注目! もたらした「アーセナルに足りなかったもの」とは?

「圧倒的なパフォーマンスだ」冨安健洋がマークした“驚異のスタッツ”に現地注目! もたらした「アーセナルに足りなかったもの」とは?

2021.9.19 ・ 海外サッカー

シェアする

 現地時間9月18日に開催されたプレミアリーグ第5節で、冨安健洋が加入したアーセナルは、敵地でバーンリーと対戦。30分にMFマルティン・ウーデゴーが直接FKを叩き込んで奪った1点を守り切り、2試合連続で1‐0の勝利を飾った。


 連続完封勝利に寄与したのが、前節のノーリッジ戦で新天地デビューを飾った冨安健洋だ。その試合と同様に右SBでスタメン出場を果たすと、とりわけ1対1の守備で抜群の強さを発揮。1週間前と比べ、敵陣深くまで顔を出すシーンは少なかったものの、積極的にボールを受けて、ビルドアップでの貢献度も低くなかった。


 現地メディアの公式ツイッターは、『Squawka Football』は、その日本代表DFがマークした驚異的なスタッツを、次のように紹介している。


・空中戦勝率:100%

・デュエル勝率:100%

・タッチ数(最多)

・デュエル:5回

・リカバリー:5回

・クリア:5回

・空中戦:4回

・インターセプト:1回

・タックル:1回


 さらに試合後にミケル・アルテタ監督とエースのピエール=エメリク・オーバメヤンが冨安に駆け寄る写真を添付し、「アルテタとオーバメヤンは感銘を受けた」と紹介している。


  さらに 『101 GREAT GOALS』は、このスタッツを引用しながら、「バーンリー戦の勝利におけるトミヤスのパフォーマンスの背後にあるデータは、アーセナルの補強戦略が機能していることを証明している」と題した記事を掲載。次のように報じている。


「バーンリー戦で圧倒的なパフォーマンス。今夏の移籍市場最終日にボローニャから加入したトミヤスは、序盤戦のヒーローのひとりだ」


 さらに、「トミヤスはエクトル・ベジェリン(ベティスに移籍)、カラム・チェンバース、セドリク・ソアレスが同様の役割(右SB)でプレーした時、アーセナルに足りなかった守備面での保証をもたらす」と指摘。冨安をはじめ、GKアーロン・ラムズデイル、MFアルベール・サンビ・ロコンガ、MFマルティン・ウーデゴー(レンタルから完全移籍)ら今夏に投資した選手が「かなり影響を与えている」と綴っている。


 際立つスタッツをマークし、チームに特大の効果をもたらしている冨安。次節、宿敵トッテナムとのノースロンドン・ダービーでのプレーに大注目だ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事