10番も背負う中井卓大はマドリーB昇格という狭き門を突破できるのか。番記者に訊いた“リアル評”「必ずしも歓迎できない状況だ」

10番も背負う中井卓大はマドリーB昇格という狭き門を突破できるのか。番記者に訊いた“リアル評”「必ずしも歓迎できない状況だ」

2021.10.18 ・ 海外サッカー

シェアする

 ナカイ(中井卓大)に最近、2つの重要な出来事が起きた。1つ目は、UEFAユースリーグのシェリフ戦でヨーロッパデビューを遂げたこと。そして2つ目がレアル・マドリーのカスティージャ(Bチーム)でベンチ入りを果たしたことだ。


 レアル・マドリーのカンテラは現在マヌ・フェルナンデスの最高責任者の就任を機に、組織の再編と戦略の転換に取り組んでいる。その一環として実施されているのが、所属チームに関係なく、飛び級で試合に出場させようという実力者の抜擢だ。これはナカイにとって必ずしも歓迎できない状況だ。今シーズン、フベニールA(U‐19)に在籍する中で、フベニールB(U‐18)とフベニールC(U‐17)の選手も競争相手となるからだ。


 実際、ここまで常時先発出場できていないのは、このクラブが導入するローテーション政策の煽りを受けポジション争い熾烈になっていることと無関係ではない。たとえばナカイがベンチスタートとなったクルトゥラル・レオネサ戦ではゴンサロ・ガルシアとマヌエル・アンヘルという2004年生まれのBチーム所属の選手が中盤でスタメンに名を連ねている。


 その一方でナカイが10番を背負ってスタメンでプレーした試合もあった。ただそれが“いくつか”にとどまっているのは、マドリーのカンテラでは試合ごとに背番号が変わる変動性が採用されているためだ。したがって10番をつけてプレーしたといっても固定制に比べればそこまで重要ではないが、そこにその試合においてナカイに攻撃のタクトを託すという首脳陣のメッセージが内包されているのは事実だ。


 ナカイにとって今シーズンは生き残りをかけた戦いでもある。フベニールAを卒業する選手には3つの進路が用意されている。1つ目がカスティージャ昇格、2つ目がレンタル移籍(マドリーが保有権を維持)、そして3つ目が退団だ。


 ナカイはカステイージ昇格の有力候補の1人として期待されているが、それはあくまで現時点での評価だ。Bチーム行きを手中に収めるには、フベニールAで定位置を確保し、UEFAユースリーグで活躍を見せなければならない。


 心強いのは、カスティージャのラウール・ゴンサレス監督がフベニールの招集候補の1人として考えていることだ。マドリーでは将来性豊かなフベニール所属の選手に対し、シーズンを通してカスティージャの試合に出場させる方針が取られている。ナカイもどこかのタイミングでチャンスが与えられる可能性が高い。これは最終テストも兼ねており、ここでアピールに成功すれば、いよいよ昇格の可能性が現実味を帯びてくる。


 カスティージャはトップチームへの登竜門であり、プロへの最短ルートでもある。現に仮にトップチームに昇格できなくても大半の選手が、後にプリメーラ(ラ・リーガ1部)、セグンダ(同2部)、あるいは海外のリーグと環境を変えてキャリアを続けている。

  逆に厳しい立場に立たされるのが退団を余儀なくされる選手だ。プリメーラ・フェデラシオンRFEF(2021‐22からこれまでのセグンダBに代わって新設された3部リーグ)でリスタートすることになるが、そこからセグンダ、さらにはプリメーラへとのし上がっていくことは至難の業で、そのままフェードアウトしていく選手が少なくないのが現状だ。


 つまり文字通りのサバイバルだ。とくにナカイが本職とする中盤にはブルーノ・イグレシアスやフレン・ホン・ゲレーロら有望株が揃っており、近年稀に見るハイレベルなポジション争いが繰り広げられている。しかしこの競争に勝ち残らなければ、カスティージャ昇格という狭き門を突破することはできないのだ。


文●セルヒオ・サントス(アス紙レアル・マドリー番)

翻訳●下村正幸



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事